中小企業のテレワークを考える〜テレワーク普及の効果〜

現在、日本国内でテレワークを普及させようとしている理由は何なのでしょうか。企業単位で見れば、その目的はリテンションやリクルーティングであるのですが、日本という単位で見た場合は次のような効果を期待しています。

① 多様な人材の獲得・維持

② グローバル化への対応

③ 生産性の向上

④ 長時間労働の削減

⑤ ワークライフバランスの向上

⑥ イノベーションの創出

⑦ コミュニケーションの活性化

ワークスタイル変革のための4要素

上記のような効果を達成するために、企業として必要な手段はどのようなものがあるのでしょうか。それが次の4要素です。これを見れば分かるように、企業にテレワークを導入するには全社一丸となって取り組む必要があることが分かります。テレワークと聞くと、人事部門や総務部門、情報システム部門の役割だと捉える場合が多いのですが、それはあくまでも「推進役」であるにすぎず、テレワークを導入し有効的に運用するためには組織横断的な取り組みが必要になります。

組織風土の革新

業務プロセスの革新

労務管理制度・ルールの整備

情報通信環境の整備

関連記事

  1. 月額2,980円で「あとは弁護士から連絡する」と言えるあなたに

  2. 北陸・甲信越にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

  3. 10年間放置された休眠預金は国が管理することになるぞ

  4. 【Amazon Alexa】スキル一覧(天気編)

  5. 「思いやり」を持つだけで、ビジネスは成功に近づく

  6. 【Amazon Alexa】スキル一覧(ビジネス・ファイナンス編)