先鋭的企業が持つ6つの文化特性

前回はエクストリーム・チームを抱える先鋭的企業の個別文化特性をご紹介しました。今回はこれら企業が共通して持つ6つの文化特性をご紹介します。ただし、6つのうちどれを重視するのかは企業によって多少の差があります。

先鋭的企業が持つ6つの文化特性
オールイン 会社の大きな目的、価値観、成功を100%信じ献身的に取り組む。成果を出すためには強いエネルギーと意欲を持って行動する。
自由裁量権 自立・自立意識がある。チームの目標達成方法を自分たちで決める。組織構造がフラット。
情報の透明性 パフォーマンスや行動に何が求められているか各人が心得ている。社内で情報をオープンかつ誠実に共有している。
説明責任 自分の仕事の進め方とパフォーマンスに対し、完全に責任を担う。すぐれた業績にはチーム単位で報酬があり、業績不振にはそれに応じた対応がある。
楽しむ 仕事そのものを楽しんでいる。仲間との交流も満喫している。
共同関係 連帯感と助け合いの精神がある。強い信頼で結ばれている。

 詳細はこちらの本を御覧ください。

関連記事

  1. 京都市・大阪市・神戸市の平均寿命(平成27年)をまとめてみました。

  2. 日本ベンチャー大賞を受賞した企業とその取り組み

  3. 著名投資家チェイス・コールマンの投資先

  4. 第34回NAHAマラソン出場レポート(その1)

  5. 東京オリンピック大会ボランティアの募集がもうすぐ始まる!

  6. 年間1500億円も稼ぐ回転寿司の魅力ってなに?