優れたチームを創るために社員全員で共有すべきこと

会社が成果を出すためには、会社を構成する社員全員(役員も含めて)が共通の認識を持つことが求められます。簡単に言ってしまえば「足並みを揃える」ことです。ネットフリックス社は自社の「自由と責任の文化」を維持するにあたり、共通認識を徹底式に周知する重要性に着目しています。特にリーダーやマネジャーが認識することが非常に重要で、彼らが部下に対して正しく伝えられていれば会社としてベストな成果が出る、と言われています。

では具体的に何を社員全員で共有すればよいのでしょうか。「エクストリーム・チームズ」で掲載されている項目をご紹介しましょう。

  • この会社はなぜ存在しているのか。存在意義は何か
  • 私たちはどのように利益を得るのか。成果を生む要因は何か
  • 最も大切な顧客とは誰のことか
  • 顧客が最も重視する製品またはサービスは何か
  • 現在または今後のライバルは誰か。どんな脅威を突きつけてくるのか
  • 会社の成功をどのように測るのか
  • 市場で勝利していくためにどんな計画があるのか
  • 成功していくためにはどんな能力が必要か
  • 私たちにとって、最も重要な価値観は何か
  • この会社の一員として、私たちにはどんな行動が期待されているのか

まずこれらの項目の答えをひとつひとつ出していく作業が必要です。この作業は経営層や管理職が行う必要があります。そしてリーダーやマネジャーに徹底して認識させ、彼らの部下に対して周知させます。重要なことは、いつ誰に質問しても、全員が同じ答えを返してくる状態にすること。若干宗教っぽさがありますが、成長している企業は宗教団体と似ている風土があるのかもしれません。

皆さんは上記の質問に明確に回答することはできますか?

 EXTREME TEAMS(エクストリーム・チームズ)— アップル、グーグルに続く次世代最先端企業の成功の秘訣

関連記事

  1. 東京オリンピック2020の聖火リレー、関西を走るのは5月下旬!

  2. 東京には負けない!関西企業のIPO銘柄

  3. 遂にリカマンもPayPayを導入!他の小売店もPayPay導入を検討し…

  4. 祇園祭2016の楽しみ方

  5. 雑誌Leafに載りました。

  6. 米国ETFの売買手数料が実質無料になる「ゼロETF」とは?