京都で始まったウーバーイーツ。どんなお店に注文できるの?

配車で有名な米国企業ウーバー・テクノロジーズの日本法人は、登録した一般人が空き時間を使って飲食店の料理を配達するサービスを展開しています。今まで関西では大阪市のみが対象だったのですが、7月25日から京都市中心部での展開を開始しました。配達対象となる区は上京区、中京区、下京区、東山区のみ。すでに200名以上の一般配達人を確保しているようです。今回は京都でどのような飲食店に注文できるのか、注目の店舗をご紹介します。

京都で配達が依頼できる注目の飲食店(2019.3.2更新)

※右側の金額は配送手数料です
※チェーン店は省いています

カメコーヒー京都 380円
キトゥンアンドドーナツ 220円
キッチンラボ 220円
ビストロ 森のハンバーグ屋さん 380円
ペルシャ&インディアン料理 アラシのキッチン 220円
Brulee クレームブリュレドーナツ専門店 380円
アプリポワゼ 220円
ウドン メーン 220円
ファイン食堂 220円
ア・プ・プレ 380円
シャルキュトリー リンデンバーム 220円
株式会社幸福堂 220円
宇治茶専門店 ふじや茶舗 220円
Walden Woods Kyoto 380円
鳴海餅本店 380円
ノクカフェ by マエダコーヒー 220円
Len 京都河原町 220円
スロージェットコーヒー高台寺 220円
福栄堂 220円
京纏菓子 cacoto 300円
出町座のソコ 220円
マルシン飯店 220円
フィフティエイトダイナー 220円
三条珍遊 220円
バブルマーケット 220円
あいばカレー食堂 220円

関連記事

  1. 社会貢献ビジネスを展開する国内企業(事例)

  2. 時間は有限。成功者たちはどんな時間管理をしているのか

  3. 京都のお土産はこれに決まり。京都限定グッズ。

  4. 中小企業の資金調達方法を変える株式型クラウドファンディング

  5. 中小企業は高卒採用で人材不足を解決しよう

  6. 東京には負けない!関西企業のIPO銘柄