ECサイト運営の基礎マーケティング「SWOT分析」

ECサイトを継続的に運営できている場合、自社によって都合の良い出来事が起こったり、逆に都合の悪い出来事が起こることがあります。このような外部環境の変化に対して、自社が取るべき対応策を考えるためのフレームワークとして「SWOT分析」があります。かなり有名なフレームワークですので多くの方が知っていると思いますが、改めてどのようなものなのかご紹介しましょう。

これは会社にとって都合が良い社会環境の変化を「機会(Opportunity)」、会社にとって都合が悪い社会環境の変化を「脅威(Threat)」としてとらえ、自社が得意とする部分を「強み(Strength)」、不得意とする部分を「弱み(Weakness)」として整理する分析手法です。

これら4つの要素をリストアップすると次のようなマトリクスが出来上がります。

例えばAmazonのような大手が自社商品と類似する商品を大量かつ安価に販売し始めたら、どのように対応すべきなのか。これを4つの要素に分けて整理することで次の戦略が見えてきます。具体的にどのような情報を入れればよいのかは、最後に紹介する本を参照してください。

外部環境の変化が自社や事業へ与える「機会」と「脅威」を整理して、自社が持つ「強み」と「弱み」を組み合わせて整理すれば、外部環境の変化に対して、次にどのような手を打つべきかを整理することができます。

関連記事

  1. 遂にリリースされたEC-CUBE4の新機能とは

  2. EC-CUBE3のデザイン

  3. BtoBサイトの運営パターン

  4. メーカーが自社ECで展開するDtoCとは

  5. Bcartで利用できる外部連携サービス一覧

  6. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売