2020年2月から郵便局もキャッシュレス決済に対応

キャッシュレス・消費者還元事業が始まり、国内ではキャッシュレス化が急に進み始めたように感じるのは僕だけでしょうか。コンビニの支払いシーンにおいても、若い人だけでなく今まで現金で支払っていた中高年層もクレジットカードや電子マネーで支払う姿を見かけます。今後ますますこの流れは勢いがつき、今財布に入っている小銭はずっと残ったまま、なんてことになるかもしれません。

こんなキャッシュレス化の流に唯一遅れをとっていたのが郵便局でした。郵便局は個人で使うだけでなく、中小企業であれば事業として窓口に伺うこともよくあります。しかし、金額が大きくなるとその度に銀行に行き現金を引き出して、それを持って郵便局に出かけるという手間が発生していました。

その郵便局が遂に2020年2月3日からキャッシュレス化を開始します。今回はその内容をご紹介しましょう。

利用対象

郵便局の窓口で扱っている以下の商品・サービスが対象になります。

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  • 切手、はがき、レターパックなどの販売品(印紙を除く。)の支払い
  • カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い
決済の種類とブランド

支払いに使用できる種類とブランドは以下の通りです。

クレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • 銀聯
電子マネー
  • iD
  • WAON
  • QUICPay+
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
スマホ決済
  • ゆうちょ Pay
  • Amazon Pay
  • au PAY
  • d払い
  • LINE Pay
  • メルペイ
  • Origami Pay
  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • アリペイ
  • WeChat Pay

以上にように非常に充実した内容となっています。特にスマホ決済がラインナップが素晴らしいですね。僕は楽天ペイをよく利用するので本当にありがたいです。

導入される郵便局

決済手段に関しては充実していますが、2020年2月3日時点で利用できる郵便局は全国で65局しかありません。まずは試験的に各地域の核となる郵便局で導入し、様子を見ながら他の局にも導入していくのでしょう。

ちなみに2月時点で導入される郵便局は全国の「中央郵便局」と、埼玉・千葉・東京・神奈川の大型郵便局のみです。利用店舗がだいぶ限定されているのでよく確認しておきましょう。ただし、3ヶ月後の5月には全国8,500の郵便局にも導入される予定だそうです。だから実質5月スタートってことに認識しておきましょう。

 日本郵便「郵便局におけるキャッシュレス決済の導入」

関連記事

  1. 時価総額が1000億円を超えるバイオベンチャー企業

  2. 情報セキュリティマネジメント試験に合格する方法

  3. 伊勢志摩サミットの夕食で出された日本酒はコレ!

  4. 飲食分野のサブスクリプション(定額制)サービス

  5. 相次ぐ仮想通貨事業に新規参入する企業

  6. 祇園祭で南観音山を曳いてきました