医療AI分野でリードする企業

現在、AIは様々な分野で取り入れられていますが、今後最も注目されているのが医療分野です。なかでも画像解析のパイオニアであるエルピクセルという企業が開発した「脳動脈瘤の検出ソフト」は多くの医療機関で利用されています。このソフトを利用することで、従来医師が一枚一枚チェックしていたCTなどの医療画像をAIで処理することが可能になり、医師よりも速く正確に癌などを発見できます。どんなに優秀な医師であっても必ずミスをします。しかし、医療におけるミスは人命に直結するケースが多いため、このようなAIの力が必要とされるのでしょう。また、医師も画像解析をAIに任せることより、本来すべき業務に打ち込むことが可能になります。医療分野へのAI導入により、医師の労働環境が改善されることは間違いないでしょう。

今回はそんな医療AIを手掛ける国内の企業をご紹介します。

医療AI分野でリードする国内企業
エルピクセル株式会社

https://lpixel.net/

  • 事業:画像解析ソリューション
  • 設立:2014年3月
  • 本社:東京都千代田区
  • 代表:島原佑基(東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士修了)
オリンパス株式会社

https://www.olympus-imaging.jp/

富士フイルム株式会社

https://fujifilm.jp/

アステラス製薬株式会社

https://www.astellas.com/jp/ja/

  • 事業:製薬
  • 設立:1923年
  • 本社:東京都中央区
  • 代表:安川 健司(東京大学大学院農学系研究科修了)
東レエンジニアリング株式会社

https://www.toray-eng.co.jp/

  • 事業:プラントエンジニアリング
  • 設立:1960年8月
  • 本社:東京都中央区
  • 代表:岩出卓(信州大学大学院工学研究科博士修了)
CYBERDYNE株式会社

https://www.cyberdyne.jp/

関連記事

  1. 今注目されている「デカフェ」ってなに?

  2. 事務所移転をスタッフの手でやり遂げた制作会社に訪問してきました

  3. 6月の月例食事会は「むすび食堂」で手羽先Night

  4. 儲かっている中小上場企業のウェブサイト

  5. 京都市が新規宿泊施設のバリアフリーを義務化

  6. フリーランス向け業務委託契約書、秘密保持契約書のテンプレート