EC事業者は要確認。10月1日からのポイント還元

10月1日の消費税増税まで残り約1ヶ月になりました。EC事業者の皆さんはそろそろ価格設定や表示方法などを本格的に考え、行動に移したほうがよいでしょう(今からだと少し遅いかもしれませんが)。消費税増税と同時に実施されるのがキャッシュレス決済時のポイント還元です。これは10月1日から2020年の6月まで適用されます。これはキャッシュレス決済を促進することが目的で実施されるのですが、キャッシュレス決済をした消費者はポイントを還元してもらうことができます。そのポイントの還元率は事業者の事業規模で変わります。

中小の店舗(資本金5000万円以下など) 5%
FCの加盟店 2%
大企業の店舗 0%

この還元率を見れば分かりますが、消費者は中小の店舗で購入するほどお得です。つまり、今回のポイント還元は中小店舗のキャッシュレス決済の導入が目的だと分かりますよね。そして、EC事業者の多くがこの中小の店舗に該当しますので、今回のポイント還元はEC事業者にとって消費者を呼び込むチャンスと考えてもよいでしょう。

ではこのポイント還元制度に参加するにはどうしたらよいのか。これはポイント還元制度に加入する事業者の決済システムを導入する必要があります。現在、どのような決済事業者が加入しているのかは、 一般社団法人キャッシュレス推進協議のウェブサイトから確認することができます。

  一般社団法人キャッシュレス推進協議

ただ、これを見るだけでは自社で使用しているECシステムで何が利用できるのか分かりませんよね。ですので、カラーミーショップやMakeshopなどクラウド型のECシステムを使用している場合は、その運営会社に問い合わせましょう。一方、EC-CUBEなどサーバインストール型のECシステムを使用している場合は、ECサイトを構築してくれた制作会社に問い合わせましょう。自社オリジナルのポイント制度を作っている場合は、それなりのシステム修正も必要になる可能性が高いです。その金額次第ではポイント還元制度を利用すべきかどうかの判断も大切です。

ちなみに消費者視点でこの制度を見るとお得だと思われます。下記リンクにて主要な決済事業者を確認できますが、普段の生活で利用している事業者がいっぱいです。消費者としては10月1日以降は積極的にキャッシュレス決済するほうがお得です。

 主要な決済事業者

EC-CUBEを使用してECサイトを運営している場合は、当社にお問い合わせいただいても構いません。使える制度は積極的に活用していきましょう。

関連記事

  1. ネットショップ運営者必見!景品表示法のガイドラインを知る(優良誤認表示…

  2. 越境EC 米国市場・中国市場のポテンシャル

  3. はじめてのBtoBサイト構築(3つの運営パターン)

  4. 越境EC利用時の返品実施率

  5. Tポイントが貯まるEC-CUBE決済プラグイン

  6. EC-CUBE B2BとBcartの機能比較