2019年10月1日から郵便料金が値上げされます。

消費税率の改定に伴い、日本郵政は2019年10月1日から郵便料金を値上げします。郵便はがきだけでなく、書留やレターパック、ゆうパックなども値上げされますので企業の総務担当の方も要チェックです。

2019年10月1日以降の郵便料金
① 主な郵便料金
種類 重量 旧料金 新料金 差額
定形郵便物 25g以内 82円 84円 2円
50g以内 92円 94円 2円
定形外(規格内) 50g以内 120円 120円 0円
100g以内 140円 140円 0円
150g以内 205円 210円 5円
定形外(規格外) 50g以内 200円 200円 0円
100g以内 220円 220円 0円
150g以内 290円 300円 10円
通常はがき 62円 63円 1円
② 郵便の主な特殊取扱料
種類 旧料金 新料金 差額
速達 280円 290円 10円
一般書留・現金書留 430円 435円 5円
簡易書留 310円 320円 10円
レターパックプラス 510円 520円 10円
レターパックライト 360円 370円 10円
③ ゆうパック

ゆうパックに関しては発送する地域によって運賃が変わるため、詳しくは日本郵便の公式ウェブサイトをご覧ください。

 日本郵便・料金改定ページ

新料金による郵便はがきやレターパックなどは8月20日(火)から発売されます。

自分で会社を経営して感じたことは、意外と紙ベースの資料等を郵送するシーンが多いということ。特に役所関連の資料の多くは郵送でのやり取りになりますし、取引における契約書も未だに紙ベースが主流です。今後、郵便料金が値上げされていくことは分かりきっていることですので少しずつデジタルに移行していくことが企業にとって必要不可欠だと感じました。

関連記事

  1. 東大出身者が起業した上場企業のウェブサイト

  2. 金融機関で導入が進むRPAってなに?

  3. ガンジス川には基準値23倍の大腸菌がいるってさ

  4. 阪神タイガースファン必須グッズ「ファンバンド」

  5. 「思いやり」を持つだけで、ビジネスは成功に近づく

  6. 旅に出かけたいけど、旅する時間もお金もない人へ