【京都・祇園祭】入ったら確実に後悔する通り

京都は祇園祭・山鉾巡行に向けて、着々と鉾建てが進められています。そして、今週末14日(日)からは前祭の宵山が始まります。昨年は宵山だけで24万人が訪れたのだとか。天気予報を見る限り今週末から天気は回復する見込みなので、今年も多くの人で混み合うでしょう。特に14日(日)と15日(月・祝)は連休でめちゃ混む可能性が高いです。気をつけましょう。

そこで今回は祇園祭・宵山で特に混雑する通りをご紹介します。おそらく地元・京都の人は絶対に通らない道ばかりです。入ったら確実に後悔し、通りを抜けるだけで一日分の体力が奪われるでしょう。また、特に小さな子どもを連れて入るのは絶対にやめましょう。大人でも圧迫死するのではないかと思うほどの混雑です。背の小さな子どもであれば相当なストレスが溜まるはずです。たまにベビーカーを押して通りを歩く親を見かけるのですが、正直周囲の観光客にも大迷惑ですし、子どもにも何のプラスもありません。

本当に雰囲気だけを味わいたいだけなら、西洞院通と東洞院通がオススメです。

京都・祇園祭 入ったら確実に後悔する通り

<大人でも身の危険を感じる通りはこちら>
  • 新町通り四条上ル
  • 室町通り四条上ル
  • 錦小路通り烏丸西入ル
  • 蛸薬師通り烏丸西入ル
  • 四条通り烏丸から東

河原町通りから烏丸通に抜けたいのであれば四条通ではなく蛸薬師通りまたは六角通りを通りましょう。また、四条烏丸周辺の道は一方通行規制が行われていますので一度通りに入るとなかなか抜け出すことができません。激混み通りに入るのなら、それなりに覚悟しましょう。

関連記事

  1. 企業が高度外国人材を受け入れるために準備すること

  2. シニア人材の採用事例(ネスレ日本)

  3. 再来年の東京オリンピック開催時は休暇が増えるそうだ。

  4. 祗園祭の激混みマップをツイートしてみてわかったこと

  5. IT系企業の開発拠点として注目されている和歌山県・白浜

  6. 中小企業のITツール導入状況