消費税増税に伴うECサイトの価格表示方法

2019年10月から消費税が10%に増税されます。それに伴い、スーパーなど流通業界は増税後の価格表示方法を模索しています。どのような表示方法を選んでも払う金額に変わりはないのですが、価格表示によっては消費者が迷ったり、価格が高く見えたりするデメリットが生まれます。

この価格表示に関しては実店舗だけでなくECサイトにおいても同様に検討する必要があります。10月に増税開始ですので、もし価格表示方法を変更する場合はそろそろ改修を始める必要があるでしょう。当社にも既に増税対応の問い合わせが増えています。

では、どのような価格表示を選べばよいのでしょうか。今回は3つ価格表示方法をご提案します。

消費税増税に伴うECサイトの価格表示方法
① 税別価格を目立たせる表示

100円+税

② 税別価格が目立つ併記

100円
(税込み110円)

③ 税込価格のみの表示

110円

以上の3つが流通大手が実際に導入を検討している表示方法です。自社で運営するECサイトにどの表示方法を導入するのか早めに検討して、カスタマイズが必要である場合は早めに業者に発注しましょう。増税時期に近づくほど業者のリソースが減っていきますので早めの声がけが必要です。

関連記事

  1. 【日本のEC市場】日本のBtoC-EC市場規模

  2. 安心して導入できる、Bcartのサポート体制

  3. EC-CUBEで年齢制限機能を追加するプラグイン

  4. 【BASE無料アプリ】商品レビュー機能を追加する

  5. 【EC-CUBE新着プラグイン】詰め合わせ販売

  6. ネット通販での購入割合が高い都道府県はどこ?