パワハラの種類を知る

最近、ニュース等で聞く「パワハラ」という言葉。何となく、こういうことなんだろうな、というイメージは出来るのですが、具体的な説明を求められて答えられる人は少ないのではないでしょうか。なんでもかんでもパワハラだ!と訴えられていたら会社は機能しなくなります。だから、パワハラする側もされる側も、具体的に何がパワハラなのか知っておく必要があります。事前に知っておくことで、パワハラを抑止することができるのではないでしょうか。

厚生労働省が定めるパワハラの6類型
① 身体的な攻撃 叩く、殴る、蹴るなどの暴行
② 精神的な攻撃 他の社員の前で叱責したり、他の社員と共有しているメールで罵倒するなど
③ 人間関係からの切り離し 1人だけ別室に席を移す、送別会に参加させないなど
④ 過大な要求 新人に他の社員の仕事を押し付け、同僚は先に帰るなど
⑤ 過小な要求 運転手なのに草むしりさせたり、事務員なのに倉庫業務だけをさせるなど
⑥ 個の侵害 交際相手のことを執拗に問う、自分の妻に対する悪口を言うなど

以上が国が定めるパワハラの種類です。①、②、③、⑥に関してはわかりやすいのですが、④や⑤に関しては線引きが難しいケースが多いと思われます。民間企業は利益を得ることを目的にした組織ですので、業務遂行能力が低い社員に対しては、それなりの対応をせざるを得ない場合があります。本人に向いていない仕事を続けさせ、会社に不利益が生じたら本末転倒です。また、多くの社員が自己判断でパワハラだと訴えたら会社が機能しなくなります。そうなれば結果的に社員にも不利益が生じます。だから、自己判断ではなく客観的にパワハラか否かを判断することが大切なのではないでしょうか。

関連記事

  1. 働きやすさ偏差値の高い企業

  2. 京都市市営地下鉄が阪急・JRとの連絡定期券を発売

  3. 今注目されている「デカフェ」ってなに?

  4. 金融機関で導入が進むRPAってなに?

  5. 花火と音楽のマリアージュ「京都芸術花火2018」が5月に開催!

  6. 筋トレビジネスエリートから学ぶダイエットのためのマクロ管理法