米国、中国だけじゃない。これからはアフリカの有望企業に注目!

有望なスタートアップ企業と聞けば、多くの人が米国や中国の企業をイメージするのではないでしょうか。しかし、最近はこの2つの国に加えてアフリカの企業が注目を集めています。これはインターネット環境などビジネスで必要となるインフラが整備されてきたからでしょう。インフラさえ整備されれば後はアイデアと技術開発力のみ。また、アフリカは世界において急激に人口が増加している地域でもあるため、人々の生活が豊かになるほど有望な市場が形成されていきます。

今後アフリカでどのような企業が生まれるのか楽しみですね。

アフリカの有望スタートアップ企業
kobo360

https://www.kobo360.com/

  • 事業内容:物流が必要な企業とトラック運転手を結ぶトラック版Uber
  • 本拠地;ナイジェリア
Wefarm

https://wefarm.co/

  • 事業内容:携帯のショートメッセージで農家同士が知識を共有
  • 本拠地:ケニア
Aerial Monitoring Solutions

https://www.aerialmonitoringsolutions.co.za/

  • 事業内容:アフリカ市場向け低価格ドローンの製造
  • 本拠地:南アフリカ
WeFly Agri

https://www.weflyagri.com/fr/

  • 事業内容:ドローンで農地を効率的に管理
  • 本拠地:コートジボワール
Hooplacar

https://www.hooplacar.com/

  • 事業内容:自家用車を活用した屋外広告サービス
  • 本拠地:モロッコ

関連記事

  1. 中小企業のテレワークを考える〜テレワークの効果〜

  2. 日本酒のソムリエ「利酒師」資格ってなに?

  3. 新卒年収1000万円。くら寿司のエグゼクティブ新卒採用とは

  4. 2019年度大学発スタートアップ数ランキング、九州大学が躍進

  5. 【BOOK REVIEW】図解 人材マネジメント入門

  6. 新幹線・最後部座席後ろの荷物スペースが有料に「特大荷物スペースつき座席…