はじめてのBtoBサイト構築(おすすめプラットフォーム)

前回はBtoBサイトの利用パターンをご紹介しましたが、今回は実際にBtoBサイトを構築する際に利用しやすいプラットフォームをご紹介します。当社ではお客様の要望や条件に合わせて、主に2つのプラットフォームをおすすめしています。ひとつが「EC-CUBE B2B」、もうひとつが「Bcart」です。

EC-CUBE B2BとBcart

EC-CUBE B2Bの特徴

国内の消費者向けECサイトで数多くの実績があるEC-CUBEをベースにしたBtoBシステムです。標準でもBtoBに必要な機能は揃っていますが、カスタマイズすることでお客様の商習慣に合わせたシステムに変更できることが利点です。一方でカスタマイズすることで初期導入コストが増え、長納期になることがデメリットです。

メリット ◯各社オリジナルの商習慣に合わせて、完全にマッチしたカスタマイズを施せる
◯自社専用サーバを利用するため、オリジナルのセキュリティ対策を施せる
デメリット ◯初期導入費が高額になる可能性大
◯納期が長い
◯デザインのカスタマイズが必要
導入対象 ◯余裕のある予算を確保できる企業
◯余裕の納期を持てる企業
◯自社の商習慣に完全にマッチさせたい企業
Bcartの特徴

数多くの企業が導入しているBtoB専用ASPサービスです。EC-CUBEと比較すると、ASPであるためカスタマイズすることはできませんが、標準で豊富な機能が揃っていることが特徴です。また月額20,000円から利用できるため初期導入負担が少なく、短納期であることもビジネスを展開する上で大きなメリットです。

メリット ◯初期導入費用が安い
◯最短3日で導入が可能
◯EC-CUBEに標準実装されていない機能が追加費用無しで利用できる
デメリット ◯カスタマイズできないため業務を機能に合わせる必要がある
◯サーバ運用、セキュリティ対策をシステム提供会社に依存
導入対象 ◯出来るだけ費用を抑えたい企業
◯出来るだけ早く導入したい企業
◯初めてBtoBサイトを構築する企業

BtoBシステムを相談する

関連記事

  1. Bcartの利用プランと導入イメージ

  2. 鮮魚流通のためのECサイト(BtoB)が盛り上がっている

  3. EC-CUBEでECサイトを作った場合は要確認!

  4. 消費者向けネットショップ市場の現状

  5. オープンソース利用のメリット・デメリット

  6. EC-CUBEを使えば安価に顧客管理システムや商品管理システムが手に入…