はじめてのBtoBサイト構築(3つの運営パターン)

最近、当社への依頼で増えているのが企業間取引向けシステム、いわゆるBtoBシステムの構築依頼です。大企業に勤めている人にはイメージできないかもしれませんが、中小企業の中には未だに電話とFAXで受発注業務を行っている会社がたくさんあります。しかし、昨今の人手不足や労働環境の改善により一部スタッフに過度な負担を強いることが難しくなりました。このような状況もあり中小企業もようやく業務のシステム化に取り組み始めています。

今回は現在、または近い将来に受発注業務をシステム化することを検討している中小企業に向けて、BtoBシステムの基礎知識をご提供します。

BtoBシステムを利用した3つの運営パターン

BtoBシステムを利用することで実現できることは次の3つです。

  • BtoB通販

    製造者が卸を介さず直接購入者に販売するシステムです。

  • ネット卸

    特にネット通販者など小口取引先との取引を円滑にするシステムです。

  • WEB受発注システム

    電話とFAXの受発注業務をインターネットで代替するシステムです。

BtoB通販

製品を生産し販売を商社(卸)に任せていたメーカーが直販を始めるケースが増えてきました。直販を始めるメリットは購入者の直接的な購買データが入手できることです。今までのように商社(卸)のニーズに応える形で商品企画を行ってきた習慣を改め、自社のマーケティング機能を高めオリジナリティの高い商品を世に送り出すことが可能になります。

顧客対象 法人や事業者を対象にした取引。売る側も買う側も法人であるためBtoB通販といわれる。
活用場所 インターネット上で新規顧客を獲得し、リピート注文に繋げていくという点で従来のネット通販と同じスキームを採用する。
取引業態 BtoBではあるが「直販」であることが特徴。
ネット卸

誰でも簡単にネットショップを開設できる時代になり、インターネットを使った商品仕入れのニーズが高まっています。大口顧客に対しては従来のように担当の営業社員を付け情報収集と関係性構築に努め、ネットショップなど小口顧客に関しては属人的な作業を削減し業務効率を高めることで利益を増やすことができます。また、インターネットを使うため販路が拡大する点も特徴です。

顧客対象 既存客の発注対応とインターネットを活用して新規顧客の獲得。
活動場所 営業拠点の無い地方をインターネットでカバーし商圏を拡大する。
取引業態 小売店など再販活動を行なうことが特徴。
WEB受発注システム

特に中小企業においては最も導入ニーズが高まるパターンだと考えられます。従来のように電話やFAXで対応していた受発注業務をインターネットに置き換えることで、社内の人手不足を補い業務効率を高めることができます。また顧客も24時間365日、時間を気にせずに発注できます。また営業スタッフが現場で端末を操作し、顧客に代わりその場で発注業務を行なうこともできます。

顧客対象 主に既存顧客の発注をインターネットで対応します。
活用場所 従来の社内業務をオンライン化する視点が必要になります。
取引業態 仕入れをした取引先は何らかの再販行動をおこないます。

ここで取り上げた3つのパターンが、主なBtoBシステム利用用途です。システム開発を外注する際には、まず自社でどのように利用したいのか明確にしましょう。各パターンを併合させることはシステムの利便性を下げることになりますので、出来るだけシンプルに考えることが大切です。もし、BtoBシステムの導入でお困りのことがございましたら、当社にもお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. いよいよ10月1日から宅配便運賃の値上げ開始

  2. 自分のブログ記事がコピーされていると感じたら、このプラグイン。

  3. WEB制作者向けGoogle Chromeのキャッシュを簡単にクリアす…

  4. EC-CUBE3対応の無料プラグイン(機能カスタマイズ編)2018

  5. Facebookページでネットショップを作成する方法

  6. 日本国内のBtoB-EC市場は317兆円!