自分のブログ記事がコピーされていると感じたら、このプラグイン。

このウェブサイトのブログ記事を書き始めて、既に450記事以上を投稿しています。この中には常に検索上位に表示され、大手メディアの関連記事よりも優位に表示されている場合もあります。一方で、全く検索結果に表示されずゴミのような存在になった記事もあります。

ブログ記事を投稿している人にとって、自分の記事が上位に表示されることはとても嬉しいことだと思います。だって、記事は人に読んでもらってこそ価値があるから。僕も出来るだけ自己満足ではなく、人に読んでもらうことを前提に記事を書いています。

しかし、記事が上位に表示されるほど問題も発生します。それは自分が書いた記事をコピーする人が増えることです。ただ仕事の情報収集の一貫としてコピーするのは良いとしても、その情報を使って自分のブログを書く人も少なくありません。

ただし、これは防ぎようのないことです。だったら、このコピー行為そのものを自分のブログ運営に活かしたほうが良いと思いませんか?そこで今回は当社のブログにも導入している便利なWordPressのプラグインをご紹介します。

Check Copy Contents(CCC)

このプラグインの名称は「Check Copy Contents(CCC)」です。プラグインの検索を行えばすぐに出てきます。まずはこのプラグインをインストールしましょう。その後、サイドメニューの「設定」から「CCC設定」を選びます。すると下のような画面が表示されます。

設定の前に、このプラグインがどのような動作をするのかお伝えする必要があります。これは自分の記事がコピーされた際、登録しているメールアドレス宛にコピーに関する情報が送信される仕組みになっています。メールとして送られてくる情報は下のようなものです。

  1. コピーされた情報(テキスト)
  2. コピーされた日時
  3. 対象URL
  4. IPアドレス
  5. ブラウザ
  6. リファラー

この情報を理解した上で設定画面をもう一度見ましょう。設定で重要なのは次の3つです。

  1. 通知先メールアドレス
  2. 感知する文字数
  3. ログインユーザ時の通知

通知先メールアドレスはご想像の通りです。これが誤っていると通知が届きません。「感知する文字数」があまりに少ないと頻繁にメールが届く可能性があります。それを都度チェックするのは面倒です。だから、ある程度の文字数に設定しておくことをオススメします。そして「ログインユーザ時の通知」です。これはWordPressのログインユーザ(管理者、編集者等)がログインした状態でコピーした場合でも通知するかどうかを設定します。自分以外のコピーだけ通知してほしい場合はチェックを外しましょう。

IPアドレスから閲覧者を把握する

最近流行りのマーケティングオートメーションでもIPアドレスが重要な役割を果たしますが、ブログ記事を書く人にとってもIPアドレスは重要です。なぜなら、IPアドレスから閲覧者(企業名等)が把握できるからです。

取得したIPアドレスをwhois情報検索できるサービスで使用すると、そのIPアドレスに紐付いている企業名が表示されます。ちなみに当社ではここ最近、次の組織からアクセスがあり情報がコピーされました。

  • パナソニック株式会社
  • 学校法人佛教大学
  • 宝印刷株式会社
  • 株式会社苫小牧電子計算センター
  • ヤマハ発動機株式会社
  • 浜松ホトニクス株式会社

残念ならがIPアドレスから企業名が分からないケースもあります。それは一般的なプロバイダを経由してアクセスされた場合です。この場合はケイ・オプティコムなどのプロバイダ名は分かりますが、その先の情報は分かりません。つまり、一般家庭やスマホからアクセスされた場合は特定が難しいということです。

だから、このプラグインで分かるのは独自IPアドレスを保有している組織だけです。でも、それで十分だと思いませんか?個人事業主や一般市民の情報が得られたとしても、大して役に立たないでしょう。

組織と対象ページを紐づけする

IPアドレスから特定組織を把握できたら、その企業がどのページのどんな情報をコピーしたのか把握しましょう。だってその情報は、その企業(の某社員)にとって価値があるものだからです。これを長期的にチェックしていくことで、そのような組織がどんな情報を必要としているのか分かるようになります。

もし、その組織が皆さんの顧客だとしたら、その情報を元にして営業活動を行ったりサポートしたりすることができます。ぜひこのプラグインを上手に活用して、皆さんのブログが充実したら嬉しいです。

関連記事

  1. アプリ開発者は必見!QRコード決済の統一仕様ガイドライン

  2. Windows10の無償アップグレード期限まであと2時間

  3. はじめてのBtoBサイト構築(3つの運営パターン)

  4. 自分が書いた記事を誰がコピーしているのか分かるツール

  5. 誤ってWordPress5.0へのアップデートした場合の対処方法

  6. WEB制作者向けGoogle Chromeのキャッシュを簡単にクリアす…