ロリポから、さくらレンタルサーバに変えて良かったこと。

当社はWEBシステムを開発する会社ですので、社内でも相応の機能・仕様を備えたサーバを使用しています。この管理は当社のインフラエンジニアが担っているので、僕自身が直接操作することはありません。ただ、たまにシステムが絡まない案件もあり、その場合はエンジニアに頼まないで僕自身でデモを立ち上げたりします。そんな時に使用していたのがGMOペパボ社の「ロリポップ(ロリポ」」です。

このサービスはサーバ初心者向けに設計されているため、非常に親切で誰でも使うことができます。しかし残念ながら、課題もありました。それは、あまりにも表示スピードが遅いということ。特にWordPressを使用したウェブサイトの場合、フロント部分はまだ我慢できるのですが、管理画面の反応が遅すぎて、ストレスが溜まり、また無駄な時間を使うことになります。

そこで先月、3年間利用していたロリポの契約を解除し、さくらインターネットの「さくらのレンタルサーバ」に変更しました。今回は変更後の感想をお伝えします。もし今、さくらのレンタルサーバを検討している人がいれば参考にしてもらえると嬉しいです。

ぶっちゃけ、かなり快適です!

ロリポで不満に思っていたことは次の2つです。

① WordPress導入後の管理画面の反応が遅い

② 12:00〜13:00、18:00〜19:00になると動作が重くなる

WordPressは定期的に更新する必要があるから導入しているのですが、この更新作業において動作が遅いというのは致命的だと思います。更新作業のように何度も繰り返すことに負荷を感じると、更新作業そのものが嫌になりますしストレスを感じます。つまり、作業者の負担が大きいということです。しかも、ロリポの場合はかなりの頻度で「500 Bad Gateway」というエラーが表示され、何も操作できなくなります。サーバにエラーは付きものですが、あまりにも頻度が高いのが気になりました。

この管理画面の遅さに関して、さくらのレンタルサーバに関しては全く遅さは感じません。むしろ軽快すぎて、今までロリポにお金を払い続けていたを後悔しています。おそらく、さくらのレンタルサーバはWordPressをかなり意識して構築しているのだと思います。

2番目のロリポの課題は、時間帯によって大幅に反応が遅くなることです。1つ目の時間帯は昼食時で、2つ目は帰宅時です。たぶん、最もサーバに負荷のかかる時間帯なのでしょう。前述した「500 Bad Gateway」もこの時間帯で多く表示されます。ただ、これはサーバ会社も把握していることだと思うので、何度も同じことを繰り返すということは、今後も改善するつもりがないのでしょう。

この時間帯による反応の遅さに関して、さくらのレンタルサーバでは全くその影響がありません。時間帯関係なく、常に軽快に動いてくれます。ぶっちゃけ、今業務で使用している月額5000円ほどのサーバよりも速いと感じるほど。このようにコスト的にはほぼ同等な両サービスなのですが、スピード・反応という点においてはさくらのレンタルサーバが圧倒していると感じました。

ただし、初心者にはハードルが高い

さくらのレンタルサーバの優れた点をご紹介しましたが、ロリポよりも劣っている点もご紹介します。

① 管理画面のインターフェイスがダサすぎる

② 管理画面で専門用語が多すぎる

おそらく、さくらインターネットにはデザイナーが存在しないのでしょう。このダサい管理画面はまさにエンジニアが作ったものだと思われます。エンジニアって「出来ればいい」という考えの人が多く、UI(ユーザーインターフェース)を意識している人は少数でしょう。この点に関してはロリポの方が優れています。こちらもデザインはダサいのですが、利便性はさくらよりも高いと思います。特にWordPress導入において、さくらのレンタルサーバでは2ステップ必要なのですが、ロリポは1ステップで導入できます。

2番目のマイナスは専門用語を多用している点です。こちらもUIに関する意識の低さが現れています。おそらく、さくらのレンタルサーバは「分かる人だけ使ってくれたらいい」「わからないのなら、自分で調べろ」というスタンスを取っているのでしょう。ある程度、サーバ知識がある人なら何の問題もありませんが、多くの人にとってレンタルサーバはただの道具でしかありません。そんなことに時間を割くのなら、もっとビジネスの本質に時間を割きたいでしょう。そういう意味で、さくらのレンタルサーバを使いこなすには、それなりに時間を犠牲にする必要があります。

僕がロリポから、さくらのレンタルサーバに乗り換えた時に最もストレスを感じたのは、やはりこのUIに関してでした。まあ、でもこれは慣れたら問題ありませんので、しばらく我慢すれば解決できます。

以上、ご紹介したようにレンタルサーバには良い面と悪い面の2つがあります。だから、レンタルサーバを選ぶ場合は何を優先したいのか、自分で順位を付けてから決定しましょう。

関連記事

  1. 独自SSL証明書を設定するならレンタルサーバはZenlogicで決まり…

  2. ロリポップでも無料SSLが使えるようになりました!

  3. 脱PPTP

  4. 情報セキュリティマネジメント(SG)過去問解答用紙を配布します。

  5. 経営者は必読!サイバーセキュリティ経営ガイドライン

  6. 企業がレンタルサーバを契約する時に必ず検討すべきこと