花粉症の市販薬はAmazonで買おう!

今年もこの季節が訪れました。そう、花粉症の季節です。僕も花粉症に罹っていて、眼の痒みと鼻水と格闘する毎日を過ごしています。そんな花粉症持ちの人たちにとって、この時期は想定外の出費が続きます。それは通院費用や市販薬の購入費です。薬局で処方してもらう薬も市販薬も、なんだか時期限定のプレミアム価格が付いているようで高く感じてしまいます。10錠前後で2000円とか、ありえないし。ほんと、製薬会社はいい商売してますわ。

でも、市販薬の効用を実感してしまうと、購入し続けてしまうんですよね。だから出来るだけ安く薬を手に入れたいと思う人は多いと思います。そこで今回は花粉症向け市販薬を安く購入する方法をご紹介します。

花粉症になったらAmazonを頼れ

といっても、そんな難しいことではありません。病院やドラッグストアで薬を手に入れるのではなく、Amazonで購入したらいいだけの話です。ではAmazonで購入するとどれだけ安いのか。たぶん、一番売れているであろう「アレグラFX」を例にして、僕の自宅の近所にあるスギ薬局とAmazonの価格を比較します。

アレグラFX(14錠)

  • スギ薬局 1420円
  • Amazon 1275円(送料無料)
  • 差額 145円

アレグラFX(28錠)

  • スギ薬局 2036円
  • Amazon 1409円(送料無料)
  • 差額 627円

見てください、この価格差。28錠のアレグラFXでは、なんと600円以上も差があります。これを見ると卸値はいったいいくらなんだ、とドラッグストアの価格設定を疑ってしまいますが、Amazonの場合は人件費が少ないからこの価格を実現できるのでしょう。

ただ、中には薬をネットで購入することに抵抗がある人もいるでしょう。でも安心してください。Amazonで市販薬を販売しているのは、スギ薬局のような大手ではない小規模なドラックストアで、ちゃんと医薬品販売許可も取得しています。だから何かトラブルがあった場合、法的にそのドラッグストアは責任を負うことになっています。

いかがでしたでしょうか。花粉症の市販薬は通年使用するものではなく、季節商品です。時期限定の薬に高い費用をかけたくないですよね。だから、利用できるものは利用して、できるだけお得に市販薬を購入しましょう。ただし、Amazonの場合はアマゾンプライムに加入しないと、その恩恵は受けられません。もしAmazonで市販薬を購入する場合は、一緒にアマゾンプライムにも加入しちゃいましょう。

関連記事

  1. 社員への収益分配が多い企業BEST10

  2. 電子地域通貨っておトクなの?

  3. 【京都マラソン応援企画】ランナーが集まる飲食店

  4. 平和堂、アル・プラザでも証明書が取得可能に!

  5. 京都市・大阪市・神戸市の平均寿命(平成27年)をまとめてみました。

  6. 【2018卒向け】就職サイトの都道府県別掲載社数を比較してみた(リクナ…