ネットショップ運営者必見!景品表示法のガイドラインを知る(有利誤認表示)

今回は景品表示法の3つの類型の中から「有利誤認表示」をご紹介します。前回の「優良誤認表示」が性能や性質を対象としていたのに対して、有利誤認表示は主に「数値」が対象となります。

有利誤認表示の概要

景品表示法では、商品やサービスの価格などの取引条件について、実際のものや事実に相違して競争事業者のものよりも著しく有利であると一般消費者に誤認される表示を有利誤認表示として禁止しています。また、有利誤認表示の一つとして、不当な二重価格表示を禁止しています。

同じ商品であるにもかかわらず、販売事業者によって販売価格に大きな差があることがあります。この価格だけ見ると、当然安い方がお得だと思いますので、消費者はこの安い商品を販売している事業者から購入します。しかし、多くの場合、安いには安いなりの理由があります。例えば他社には付属している商品が無かったり、内容量が少なかったりする場合です。この理由を販売価格の近辺に記載していれば問題ないのですが、事業者によっては意図的にわかりにくく表示している場合があります。

二重価格表示に関しては皆さんもよくご経験があるでしょう。例えば「通常価格3,000円が、今ならなんと1,500円で購入できます!」のような表示です。この商品が本当に3,000円の価値がある場合は問題ありませんが、明らかに3,000円の価値以下の場合は適正な表示とは言えません。このような二重価格によって消費者は適正な商品選択が行えなくなります。

これらのように「これはとってもお得だ!」と思わせておいて、実際にはそうではないという表示のことを有利誤認表示といいます。

有利誤認表示の事例
  • 携帯電話の料金

    実際には自社に不利となる他社の割引サービスを除外した料金比較であるにもかかわらず、あたかも「自社が最も安い」かのように表示。

  • 商品の内容量

    実際には他社と同程度の内容量しかないにもかかわらず、あたかも「他社商品の2倍の内容量」であるかのように表示。

  • 家電販売店の販売価格

    家電量販店の店頭価格について、競合店の平均価格から割引すると表示しながら、その平均価格を実際の価格よりも高い価格に設定し、そこから値引きした場合。

  • 太陽光発電の余剰電力の売却益

    実際には電力会社による電力の買取価格は、電力会社に余剰電力の買取の申込みを行う時期によって異なり、発電電力量も季節や天候等の条件によって変動するにもかかわらず、あたかも「月々◎◎円」の売却益を毎月安定的に得られるかのように表示。

  • サービスの利用に必要な追加費用

    実際には別途、矯正装置の費用が必要であるにもかかわらず、あたかも初診料や検査診断料などとして記載された「◎◎円」だけを支払えば歯列矯正のサービスを利用できるかのように表示。





関連記事

  1. 越境ECの支払方法

  2. 越境EC(海外販売)構築で気をつけること<デザイン編>

  3. EC-CUBE専用スマホアプリ作成キットで簡単にアプリを作ろう

  4. EC-CUBEで構築した日本酒酒蔵EC構築事例

  5. 今後、物販系BtoC-ECの大幅な拡大が見込めない理由

  6. 越境EC利用時の返品実施率