日本酒をネット販売している酒蔵(北海道)

従来、日本酒を製造する酒造場は酒販店に卸してから一般消費者に届けるスタイルを守り続けてきました。そのスタイルは現在も主流であり、一部の酒造場は特約店販売という限られた酒販店だけに卸している場合もあります。しかし一方で、酒販店ではなく自社から消費者に直販する酒造場も増えています。皆さんも実感されていると思いますが、街の酒販店(酒屋)の数は減少しています。つまり、従来の販売方法だけでは確実に売上が落ち込みます。

それを回避するために、各酒造場は自社でネットショップを構築したり、Amazonや楽天などのモールに出店しています。自社でネットショップを運営することで、マーケティング視点も重視するようになり、自社で「売る力」が付いてくると思われます。今回はこのような自社でネットショップを運営している酒造場をご紹介します。

ネットショップを運営している北海道の酒蔵(2019.1.31時点)
小林酒造株式会社
日本清酒株式会社
国稀酒造株式会社
高砂酒造株式会社
福司酒造株式会社
男山株式会社
曲イ田中酒造株式会社
金滴酒造株式会社


関連記事

  1. 新紙幣に採用された渋沢栄一と北里柴三郎に関連する日本酒・焼酎

  2. EC-CUBEで構築した日本酒酒蔵EC構築事例

  3. 滋賀県で「近江の新酒 きき酒会」に参加してきました!

  4. セブンイレブンの「明太マヨしたらば」が激ウマ!

  5. 最後の日本酒教室ボランティアを開催してきました。

  6. 全国の日本酒酒蔵のEC化率を調査しました