「ベトちゃん・ドクちゃん」のドクさんの日本風飲食店がホーチミンで開店

今年の1月6日、ベトナムのホーチミンに新しい観光名所が出来ました。それは枯葉剤被害を被った「ベトちゃん・ドクちゃん」の弟・ドクさんが開いた「Duc Nihon(ドク・ニホン)」という日本風飲食店です。

なぜ彼は日本風飲食店を開いたのでしょうか。それは彼が分離手術を受ける際に日本が支援したからだと言われています。すでに彼は40回以上も日本を訪れているんだとか。おそらく訪日の際、たくさんの日本料理を食べ、その中で気に入った料理を自分のお店で出すのでしょう。

お店の切り盛りは妻のテュエンさんが行い、ドクさんは病院での勤務が終わったあとにお店に顔を出すようです。もし観光でこのお店に訪れる際はドクさんに会える時間帯を狙うのもアリですね。ちなみにこのお店では店名入りのコーヒー粉が販売されているようです。お土産にいかがでしょうか。

※下の地図は旧店舗の情報です。まだGoogle Mapには情報が反映されていないようです。

関連記事

  1. ニトリのDX(デジタルトランスフォーメーション)戦略

  2. 観光におすすめ!地方の魅力が詰まった商店街30選

  3. 給付金10万円で購入できる配当利回り7%以上の1部上場銘柄

  4. ポストコロナにおける就職・転職先の企業選びの基準

  5. 書店が一軒もない市町村が増えている

  6. 京都・五山の送り火2018 おすすめ鑑賞スポット