今、世界から注目されている京都の京野菜

京都には寺社仏閣など観光スポットだけでなく、食文化においても注目すべきものがあります。それが「京野菜」です。京野菜は古くから宮廷や寺社への献上品として全国から集まってきた野菜が、京都の風土に適応するとともに、変わった形状や味わいを持つ野菜へと改良が加えられたものです。

現在、この京野菜は国内だけでなく海外からも注目が集まっています。その理由は「機能性成分」が一般野菜と比べて多く含まれているから。美味しいだけでなく、栄養もたっぷりとなれば食べるしかありませんよね。

京野菜の機能性

では実際に一般野菜と比較して、どの程度京野菜の機能性が優れているのでしょうか。京野菜に類似している一般野菜との抗酸化能力(老化やガンなどの要因となる活性酸素の動きを抑える作用)を比較したところ、一般野菜と比較して高いことが明らかになっています。

特に京野菜の「花菜」はブロッコリーと比較して約5倍の抗酸化能力を持っています。その他、紫ずきん、金時にんじん、九条ネギにおいても類似一般野菜より機能性が高いことがわかっています。詳細はこちらのサイトに掲載されていますので興味のある方は御覧ください。

京野菜の種類

京野菜と言っても様々な種類があります。ここでは主な京野菜を写真と一緒にご紹介します。

関連記事

  1. 電子地域通貨っておトクなの?

  2. コワーキングスペースを利用するときにあったら便利なグッズ

  3. 相次ぐ仮想通貨事業に新規参入する企業

  4. 日本が世界に先行!日本人の5人にひとりが患う膝関節治療

  5. 「奇跡のリンゴ」から学ぶ、夢を実現する9つの方法

  6. 10年間放置された休眠預金は国が管理することになるぞ