将来性のあるEV関連企業

最近、新聞で見る機会が増えたEVという言葉はご存知だと思います。これはElectric Vihicle、つまり電気自動車のことです。日本においてはまだガソリン車が主流ですが、最近はようやくEVが増えてきたように感じます。世界に目を向けると、米国自動車大手GMがEVや自動運転の開発に注力すると発表しました。このように世界中で注目されているEVですが、なぜこれほどまで注目されているのか。そして、このEVを今後牽引していくと思われる国内企業をご紹介しようと思います。

世界のEV市場

Bloomberg New Energy Financeが発表した資料によると、世界のEV販売台数は2012年から2018年までの5年間で約13倍に増加しています。さらにIEA(International Energy Agency:国際エネルギー機関)が発行した「世界の電気自動車の見通し(2017)レポートの概要」では、世界のEV台数は2025年までに4000万台から7000万台に達すると言われています。

このように急成長しているEV市場なのですが、なぜ成長しているのでしょうか。理由は大きく分けて2つあります。

① 特に米国と中国で進められている環境対策

② EV市場への参入障壁の低さ

2017年の自動車生産台数ランキングの1位は中国で、2位は米国です。1位の中国は2016年の空気汚染ランキング(WHO発表)で16位と深刻です。この課題を解決するために中国政府は今後生産する自動車の一定比率をEVとPHV(ハイブリッド車)などCO2排出ゼロの新エネルギー車にすることを義務付けるNEV規制(New Energy Vehicle)を2019年に導入します。さらに2位の米国もNEV規制と同様のZEV規制(Zero Emission Vehicle)がカリフォルニア州で1994年から実施されており、2018年にはZEV生産割合を16%に義務付けています。このような世界2大自動車市場の環境対策への取り組みは他国への影響も大きく、今後は世界各国で環境対策が進められ、結果EV市場が拡大していくと予想できます。

家電メーカーでも生産できるEV

従来、自動車を製造するのは主に大手自動車メーカーでした。日本国内ではトヨタ自動車や日産自動車、本田技研工業、マツダなど皆さんがよく知っている企業が中心です。しかし、EVに関してはこのような従来の自動車メーカー以外の業界からの参入が期待されています。世界に目を向ければ完全自動運転技術を進めている米Googleや、掃除機で有名な家電大手の英ダイソン社が2020年までにEVに参入すると発表しています。なぜ自動車メーカー以外の業界が参入できるのでしょうか。理由は2つあります。

① EVは従来のガソリン車と比べて部品点数が少なく生産が容易

② EV市場は新技術が必要不可欠で発展途上な市場

特に注目したいのは2番目の新技術の活用に関してです。最近、大手自動車メーカーがIT企業やAI企業と連携を進めているのは、自社でその技術を賄うことができないからです。このような新技術を持った企業が今後はEV市場において成長していくと考えられます。

成長分野は「電池」と「外装」

では実際に今後どのような業界がEV市場で成長できるのでしょうか。現在注目されているのは「電池」と「外装」です。

まず電池においては現在主流のリチウムイオン電池から全個体電池に変わっていくと予想されています。この2つの電池の大きな違いは「電解質」で、リチウムイオン電池が液体であるのに対して、全個体電池は個体で出来ています。電解質が個体だと何が良いのでしょうか。まず可燃性が低くなります。スマホの発火に関するニュースが増えていますが、リチウムイオン電池は可燃性が高く、それをEVに使用した場合、安全性の確保が難しくなります。もうひとつは稼働可能温度の違いです。リチウムイオン電池の稼働可能温度は70℃〜マイナス30℃ですが、全個体電池の場合は100℃からマイナス30℃と言われています。要は全個体電池の方が幅広い環境で利用することができます。

電池と同様に注目されているのが外装です。車体が軽くなればエネルギーがタイヤに伝わりやすくなるため燃費効率も上がり、加速性も高まります。従来は軽量化を実現するためにアルミニウムが使われてきましたが、さらに注目されているのがCFRP(炭素繊維強化樹脂)です。CFRPを使用することで従来より約4割も車体が軽くなることが分かりました。また航空機でも利用されるほど耐久性が高いのが魅力です。ただし、生産するのは非常にコストがかかることがデメリットでした。しかし、今後は世界的になEV化の流れを受けてCFRP生産に取り組む企業が増えていくと予想できます。

注目のEV関連企業

では最後に将来EV関連で活躍できると思われる企業をご紹介します。企業の詳細に関しては各自で調べてください。

  • 本田技研工業:2030年までに生産台数の2/3をEVに
  • トヨタ自動車:マツダ、デンソーとの共同技術開発を推進
  • パナソニック:リチウムイオン電池を米テスラに供給
  • ヤマダ電機:2020年から1台100万円以下のEVを自社店舗で販売
  • 三井物産:蓄電システムなどEV関連事業を強化
  • TDK:全個体電池の小型化を進めている
  • 帝人:CFRP生産
  • 三井化学:CFRP生産

関連記事

  1. 京都マラソン2018のオススメ応援スポット

  2. 祇園祭で南観音山を曳いてきました

  3. 京都で始まったウーバーイーツ。どんなお店に注文できるの?

  4. 遂にジェットスターが成田・関空から宮古島直行便を就航!その魅力とは。

  5. 働きやすくて、生産性も高い企業

  6. 沖縄でキャッシュレス決済するなら楽天ペイがおすすめ!