関東にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

現在、国内では肺がんの罹患率が上がっているようです。喫煙率が下がっているのに肺がん罹患率が上がっている原因は恐らく高齢人口比率が上がっているからだと思われます。タバコを吸ったからといってすぐに肺がんに罹るわけではなく、20〜30年の誤差が生じるのだとか。言い方を変えれば、喫煙者が禁煙したとしても肺がんに罹るリスクは減るものの無くなるわけではないということです。

今、40歳の人が禁煙したとしても60歳を過ぎてから肺がんに罹る可能性は残されています。喫煙部屋のヤニがなかなか拭き取れないのと同じで、一度肺に付いてしまったタバコの成分はなかなか消せないのでしょう。もし万が一、自分が肺がんになってしまったら肺がん治療で実績のある病院に行ってすぐに治療を開始しましょう。

関東で肺がんになったらこの病院に行こう

※()カッコ内の数字は2015年4月〜2016年3月までの手術実績数(手術有り+手術無し)
※日本経済新聞調べ

関連記事

  1. 中国人が爆買いする日本の薬「神薬12」とは。

  2. 第35回NAHAマラソンに出場したい人は要チェック

  3. スノーピークから学ぶ「好きなことだけ」を仕事にする経営

  4. なぜ阪急電車は一見さんに厳しいのか

  5. 米国アクセラレーター大手・プラグアンドプレイが京都市に進出

  6. 僕はSAVASミルクプロテインで元気モリモリ!