中小企業の働き方改革を支援するウェブサービス

私自身、実際に企業を設立して感じたのですが、現在は従来導入に莫大な費用(中小企業にとっては)が必要だったサービスが安価に手に入るようになりました。例えば会計クラウドサービスの「freee」。今までは弥生会計や勘定奉行などの高価なソフトウエアをパソコンにインストールして使用していました。しかも、その価格は数十万。高価でも経営上は必要なソフトウエアであったため、システム提供企業も強気の価格で販売していました。

しかし、最近ではこのようなサービスをクラウド化しブラウザから利用できるように変わりました。価格も月額数千円とリーズナブル。従来はシステム更新のたびに面倒な作業が必要だったのですが、クラウドサービスではそのような手間はかかりません。このような変化の結果、クラウド化が遅れた弥生会計や勘定奉行はfreeeにかなりのシェアを奪われたと思われます。

このfreeeのように、中小企業のニーズを的確に把握し、新たな中小企業向けサービスをクラウド上で展開する企業が増えています。国内企業の9割は中小企業です。今後は大手企業向けではなく、中小企業向けのサービスが充実してくると思われます。今回はそんな中小企業向けクラウドサービスをいくつかご紹介します。

中小企業を支援するクラウドサービス
株式会社スカイアーク Solanowa

https://www.skyarc.co.jp/product/solanowa-shanaiho.html

  • Web社内報サービス
  • 価格:初期費用 800,000円、月額費用 48,000円
  • 所在地:北海道帯広市
  • 代表者:小林 晋也(旭川工業高等専門学校卒)
  • 従業員:60名
トークノート株式会社 Talknote

https://talknote.com/

  • 社内SNSサービス
  • 価格:初期費用+月額費用 ※金額は非公開
  • 所在地:東京都港区
  • 代表者:小池 温男(桜美林高等学校卒)
  • 従業員:約50名
株式会社エモーションテック Employee Tech

https://www.emotion-tech.co.jp/

  • 従業員の感情データ解析
  • 価格:非公開
  • 所在地:東京都千代田区
  • 代表者:今西 良光(早稲田大学大学院卒)
  • 従業員:約40名
株式会社スタメン TUNAG

https://tunag.jp/ja/

  • 社内制度の利用状況をクラウドで可視化
  • 価格:非公開
  • 所在地:愛知県名古屋市
  • 代表者:加藤 厚史(京都大学大学院卒)
  • 従業員:約40名
株式会社チームスピリット TeamSpirit

https://www.teamspirit.co.jp/

  • 労務管理プラットフォーム
  • 価格:月額600円/人
  • 所在地:東京都中央区
  • 代表者:荻島 浩司
  • 従業員:75名

関連記事

  1. 東京都にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

  2. アマゾンが支援するベンチャービジネス

  3. 3月19日から京都駅と京大病院を結ぶバスが運行

  4. 「思いやり」を持つだけで、ビジネスは成功に近づく

  5. 余ったANAマイルをバニラエア航空券に換えて奄美大島へ

  6. 高度外国人材活躍企業50社(商品開発編)