10年間放置された休眠預金は国が管理することになるぞ

2019年1月から10年以上放置された預金を国が勝手に社会事業に活用する取り組みが始まります。例えば前職の給与口座として開設していた銀行口座を、その後利用する必要が無くなり10年以上放置した場合、もしその口座に少しでも預金が残っていたらその預金の管理主体は金融機関から国に移管されます。これは国が個人の私有財産を動かす異例の取り組みです。

なぜ、このような取り組みをすることになったのか。休眠預金は年に700億円規模、700万口座が放置されていると言われ、現在の滞留預金は約6200億円あります。このお金は預金の所有者に対しては金利を生みますが、それ以外では社会で何の役にも立っていません。この何の役にも立っていない休眠預金を、例えばNPOなどの公益活動団体に貸付たり出資することができれば、どうなるでしょうか。もっと充実した社会が実現できると思いませんか。

個人が気をつける2つの注意点

10年以上預金を放置している人が対象ですので、もしかしたら気づかない間に預金が没収されている可能性が高いと思われます。しかし、いつのまにか自分の預金が無くなっていたら焦りますよね。この場合、国から預金を取り戻すことができます。国から預金を取り戻すには通帳や口座番号など過去の取引を確認できる書類を用意して金融機関に問い合わせれば、預金を取り戻すことができます。ただしその場合、いくつかの注意点があります。

ひとつは「本人が申し出る必要があること」です。過去に複数の銀行口座を開設していた場合、すべての口座を把握しているとは限りません。もし口座開設後に引っ越しをして登録住所をそのまま変更していなかったとしたら、本人確認をすることができなくなります。また、口座開設後に認知症など知的障害が発生した場合も取り戻すことができなくなります。要は本人が気づかないうちに口座預金が没収され死ぬまでその状態で有り続ける可能性もある、ということです。

もうひとつは「金融機関ごとに休眠預金の定義が異なる点」です。10年間で一度でも「入出金」があれば、その口座は休眠預金とみなさないというルールは全ての金融機関に共通していますが、それ以外の手続きの場合は金融機関ごとに異なります。例えば「通帳記入」に関しては手続きとみなさず休眠預金の対象とする場合もあります。

まずは契約している銀行に問い合わせる

休眠預金を没収されないため、または没収後に元に戻すために何をすればよいのか。まずは自分が持っている銀行口座を全て把握してください。現在使用していないものも含めて全てです。その中で、もし契約当時の住所から変わっている場合は面倒ですが住所変更の手続きを済ませましょう。これは没収された預金を取り戻すための本人確認で必要です。

その後に契約銀行に問い合わせ休眠預金の定義を確認しましょう。すでに各金融機関ではこの取り組みに関する注意喚起を始めています。また、年末あたりから対象となる口座保有者に対して通知が開始されます。ただし、住所変更していない場合は通知が届きません。だから早めの住所変更が必要なのです。

各金融機関のホームページでも休眠預金に関する情報が提供されていますが、正直非常に分かりにくく、どれが該当する情報なのか見つけることが困難な場合があります。その場合はホームページのページ検索機能を使って「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」という文章で検索しましょう。それでも分からなければ直接金融機関に行きスタッフに質問しましょう。

 内閣府「民間公益活動促進のための休眠預金等活用」

関連記事

  1. 京都観光に来たら大丸のビアガーデンがオススメ!

  2. プールがある京都のフィットネスクラブ2018

  3. 弁護士は増えているのに弁護士が足りない状況って?

  4. 日本酒のソムリエ「利酒師」資格ってなに?

  5. 定年間近の人材流出を防ぐ企業施策

  6. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル