イクメンを応援する企業(イクメン企業アワード受賞企業2018)

先日、厚生労働省は「イクメン企業アワード」受賞企業を発表しました。イクメンとは、ご存知のように育児を積極的に行う男性のこと。女性の社会進出が進み共働きが当たり前になった社会では、従来のように女性だけが育児をする状態は馴染みません。男性も積極的に育児に取り組まなければいけない社会が到来したと言ってもよいでしょう。しかし、イクメンを増やすには男性が働く企業にその環境と土壌がなければいけません。

今回厚生労働省が発表した「イクメン企業」は、男性従業員の育児と仕事の両立を推進し、積極的に業務改善を図っている企業です。今回はどのような企業が受賞したのか、その取り組みも含めてご紹介します。

イクメン企業アワード2018受賞企業(両立支援部門)
【グランプリ受賞】 株式会社サカタ製作所(新潟県)

https://www.sakata-s.co.jp/

  • 所在地:新潟県長岡市
  • 業種:製造業
  • 従業員数:141名
  • 男性の育児休業取得率50%、平均取得日数17日
  • 対象育児の年齢を小学校4年生未満まで引き下げ
  • 収入シミュレーションを実施し、育休取得後の経済的不安を解消
【グランプリ受賞】 日本ユニシス株式会社(東京都)

https://www.unisys.co.jp/

  • 所在地:東京都江東区
  • 業種:情報通信業
  • 従業員数:4,190人
  • 男性の育児休業取得率17.6%、平均取得日数73日
  • 育児の取得前後に本人、管理者、担当部署による三者面談を実施し社員の不安払拭と管理職の理解促進を図る
  • 管理職向け研修に男性社員の育児休業に関する内容を含む
【特別奨励賞受賞】 株式会社京葉銀行(千葉県)

http://www.keiyobank.co.jp/

  • 所在地:千葉県千葉市
  • 業種:金融業
  • 従業員数:2,158人
  • 他社に勤めるパートナーも参加できる夫婦参加型セミナーを開催
  • 育休中の資格取得者に対して報奨金を支給
  • デジタル技術の導入を進め、従業員の業務量を軽減
【特別奨励賞授業】 田辺三菱製薬株式会社(大阪府)

https://www.mt-pharma.co.jp/

  • 所在地:大阪府大阪市
  • 業種:製造業
  • 従業員数:4,222人
  • 男性の育休取得者と経営層とのランチミーティングを開催
  • 営業車を自宅から保育所・学童保育への送迎に利用できる仕組み
  • 育休中にminiMBAや語学など学ぶ機会を提供

 厚生労働省

関連記事

  1. 2018年夏に関空と釧路がピーチでつながる!さて何を食べる?

  2. 3月19日から京都駅と京大病院を結ぶバスが運行

  3. 働きやすさ偏差値の高い企業

  4. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル

  5. なぜ男と女は考え方や行動が違うのか?

  6. 生産性向上に向けた各企業の取り組み