酒蔵見学できる岩手県の酒造場(随時更新)

岩手県で酒蔵見学が可能な酒造場8(2018年9月26日時点)
  • 見学に行く場合は必ず事前に連絡をして見学可能であるか確認しましょう。
  • 冬季は酒造シーズンに入るため見学が断られる可能性があります。
  • 下記に掲載されていても必ず見学が可能だとは限りません。また非掲載でも見学可能な酒造場はあります。
No 酒造場 所在地
1 株式会社わしの尾 岩手県八幡平市大更第22地割158番地
2 廣田酒造店 岩手県紫波郡紫波町宮手字泉屋敷2-4
3 世嬉の一酒造株式会社 岩手県一関市田村町5-42
4 磐乃井酒造株式会社 岩手県一関市花泉町涌津字舘72
5 酔仙酒造株式会社 岩手県陸前高田市高田町字大石1-1
6 泉金酒造株式会社 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字太田30番地
7 株式会社南部美人 岩手県二戸市福岡上町13
8 株式会社あさ開 岩手県盛岡市大慈寺町10番34号
正しい酒蔵見学

日本酒好きにとって酒蔵見学は酒造りの現場を見られたり試飲ができたりと楽しいことばかりなのですが、見学者の中にはマナーを守らない人がいるようです。酒蔵は観光地ではありません。日本酒を造る現場です。他の業種の工場を見学する際にもルールがあるように酒蔵見学にもルールがあります。ここではそのルールをご紹介しようと思います。ルールを守り酒蔵で働く人たちに迷惑をかけないようにしましょう。

① 見学当日は納豆を食べない

日本酒好きの方なら分かっていると思いますが、日本酒は菌のバランスをとりながら造り上げていくものです。しかし、このバランスを一瞬で崩してしまう菌があります。それが納豆菌です。納豆菌の生命力は非常に強く、それが製造工程に入ってしまうと日本酒造りに最も重要な麹菌の繁殖を抑えてしまいます。その結果どうなるかは想像できますよね。だから見学当日(できれば前日から)は納豆を食べないでください。また納豆以外でヨーグルトや漬物も控えたほうがよいでしょう。

② 香水をつけない

日本酒造りにおいては味だけでなく香りも重要な製造基準になります。しかし、見学者の中には香りの強い香水を付けてくる人がいるようで製造の邪魔になります。香水だけでなく香りの強い整髪料も対象です。もし対象となる香水を付けた場合、酒蔵見学を断られることもありますので注意しましょう。

③ 試飲コーナーでは大人のふるまいを

見学後の楽しみはその蔵で造られた日本酒を楽しめる試飲です。市場に出回っていないお酒が飲める場合もありテンションが上がりますよね。しかし、この試飲コーナーは酒場ではありません。大声で話したり騒ぐのはもちろん、スタッフに絡んだりすることも控えましょう。そういうことは飲食店でやりましょう。酒蔵が試飲コーナーを設ける目的はお酒を飲んでもらい、気に入ったお酒を購入してもらうことです。あくまでもビジネスの場であることを忘れないでください。

以上3点が酒蔵見学の際に気をつけることです。お酒はルールがあるからこそ楽しめるものです。酒蔵でもルールを守って見学を楽しみましょう。

関連記事

  1. 働きやすさ偏差値の高い企業

  2. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル

  3. ビットコインの売却には要注意

  4. 東北で捕れる海産物「ホヤ」が認知症の改善に!

  5. 新しい学習スタイルを提供するのエデュテック企業

  6. 大阪・中百舌鳥(なかもず)バレーの注目スタートアップ企業