日本酒の種類を知る

日本酒をもっと楽しむために、ここで日本酒の基本知識を学びましょう。今回ご紹介するのは「特定名称酒8種」です。日本酒(清酒)には大きく2つの分類があります。ひとつは「特定名称酒」、もうひとつは「特定名称酒以外」です。この分類は国税庁の「清酒の製法品質表示基準」に基づいて分けられています。特定名称酒とは一定の基準を満たす、いわゆる高級酒のこと。特定名称酒以外の清酒は一般的に普通酒と呼ばれています。百貨店に並んでいたり日本酒バルで飲める日本酒は特定名称酒が多く、コンビニのお酒売り場に並んでいるカップ酒の多くは普通酒です。今後、皆さんが飲む機会が多いのは特定名称酒だと思われますので、今回はその特定名称酒の基準をご紹介します。この基準を知っていれば、日本酒のラベルを見ただけでどのような日本酒なのかイメージしやすくなりますよ。

特定名称酒8種

8種を見分ける際にわかりやすい基準は次の2つです。

  1. 使用原料に「醸造アルコール」が含まれているかどうか
  2. 精米歩合の数値

使用原料に醸造アルコールが含まれていない場合は「純米系」の日本酒です。精米歩合はその数値が低ければ低いほど高精米になり、一般的に価格も高くなりやすい傾向があります。高精米するには高い技術が必要で、精米する時間もたくさん必要だからです。

①吟醸酒
使用原料 米、米麹、醸造アルコール
精米歩合 60%以下
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
②大吟醸酒
使用原料 米、米麹、醸造アルコール
精米歩合 50%以下
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
③純米酒
使用原料 米、米麹
精米歩合 基準なし
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 香味、色沢が良好
④純米吟醸酒
使用原料 米、米麹
精米歩合 60%以下
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 吟醸造り、固有の香味、色沢が良好
⑤純米大吟醸酒
使用原料 米、米麹
精米歩合 50%以下
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 吟醸造り、固有の香味、色沢が特に良好
⑥特別純米酒
使用原料 米、米麹
精米歩合 60%以下または特別な製造方法
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 固有の香味、色沢が特に良好
⑦本醸造酒
使用原料 米、米麹、醸造アルコール
精米歩合 70%以下
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 香味、色沢が良好
⑧特別本醸造酒
使用原料 米、米麹、醸造アルコール
精米歩合 60%以下または特別な製造方法
麹米使用割合 15%以上
香味等の要件 香味、色沢が特に良好

※掲載情報は一般社団法人日本ソムリエ協会が発行する「J.S.A SAKE DIPLOMA教本」から引用しています。

関連記事

  1. 平和堂、アル・プラザでも証明書が取得可能に!

  2. お盆休みの暇つぶし。大型書店では出会えない一冊が見つかるブックオフ

  3. 観光におすすめ!地方の魅力が詰まった商店街30選

  4. 著名投資家チェイス・コールマンの投資先

  5. ローソンが独立前提の新卒採用を開始

  6. 高度外国人材活躍企業50社(社員の意識変革編)