バニラエアで行く奄美大島ひとり旅(2日目)

2日目の朝。昨晩飲みすぎたためなのか体が重い。しかし、歳を取ると二日酔いだろうが風邪だろうが勝手に朝早く目が覚めてしまうのです。朝7時過ぎの起床し、朝のお散歩をすることに。天気は曇り。大方の予想では3日間ずっと雨の予報だったので、少し気分が良くなりました。やっぱり島の天気は変わりにくいのですね。

散歩のついでに朝食を食べようと思い向かった店は「サンドイッチカフェ奄美」。ここのサンドイッチとコーヒーが美味しいと評判なのです。しかし残念ながら、19日から21日までは臨時休業していました。まさか僕の滞在期間中ともろ被るとは。仕方がないので近所のコンビニでコーヒーとパンを買って部屋で食べることに。

しまバスの1日フリーパスは2100円

2日目は路線バスに乗って観光地巡りをすることに決めていました。僕の旅のポリシーとして、初めて訪れた土地では必ずメジャー観光スポットを巡ることにしているのです。まずは基本を押さえてから、次回以降に旅のアレンジを楽しむ。好きになった土地は何度も訪れるので、アレンジを楽しまないと飽きてしまうのです。

奄美大島で観光地を周遊するにはレンタカーを借りた方が時間を有効に使えると思います。しかし残念なことに僕はお酒を飲みながら旅するのが好きなので、誰か相方がいない限りはバスや電車など公共交通機関を利用することにしています。奄美大島はバス以外の移動手段がないため、まずはバスを運営している「しまバス本社」に訪れました。

店先の掃除をしていたおばちゃんに声をかけ、1日フリーパスを購入しました。2100円。するとおばちゃんが「どこに行く予定?」と聞いてきました。正直、この時点では目的地を決めていなかったのですが、話を合わせるために「海が綺麗なところ」と返答。「じゃあ、土盛海岸ね。同じ方向だから、あやまる岬にも寄ってきなさいよ」とおばちゃん。そして時刻表を出して、すべてのプランを決めてくれたのでした。

あやまる岬、晴れていたら最高だったな

チケットを持って名瀬郵便局前からバスに乗車。最初の目的地「あやまる岬」までは約1時間15分ほどかかります。途中でお尻が痛くなってきたり、トイレに行きたくなったりで大変でした。だって、一度どこかで降車すると次のバスまで1時間待たなければいけないし、そもそもトイレを借りられる場所がどこにあるのか分からないほど、商業施設が少ない。

小雨の中、バスは無事にあやまる岬に到着しました。とりあえずトイレに。そして展望台へ。目の前には太平洋が広がっています。左には笠利崎、右には土盛海岸が見えます。180°以上の絶景が広がっているのですが、残念ながら曇り空。パンフレットに載っているエメラルドグリーンの海を見ることはできませんでした。

ここで思ったわけです。海の美しさで有名な土盛海岸に行ったとしても、結局曇っているし、もしかしたら雨が降るかもしれない。一度バスを降りたら1時間も時間を潰さなければいけない。それなら土盛海岸はここから眺めるだけで十分ではないかと。海岸は梅雨が明けたらまた訪れたらいい、と思いプランを変更。

空港で焼酎を飲んで、そのまま酒蔵見学へ

さて次はどこに行くか。少し眠いし休憩したいので、ノンビリできるところがいい。それなら空港が一番ゆっくりできるのではないか。ということで、あやまる岬からバスで奄美空港へ。元々そんなに便数が多い空港ではないので、平日はすごくノンビリした雰囲気。まずはトレイに寄ってすっきり。その後はレストラン「ジョイフル」へ。

至って普通のファミレスなのですが、黒糖焼酎が300円以下で飲めるのは嬉しい。おつまみと焼酎の水割りを注文して、1時間ほど休憩しました。さて次どうしましょう。宿がある名瀬に戻る前に「奄美大島酒造」があるので、そこで工場見学をして、その後試飲コーナーで焼酎を飲むことに。

空港から30分ほどで酒造前に到着。もっと見学者が多いと思ったのですが貸し切りでした。特にスタッフの説明があるわけでもなく、見学コースをぐるっと周って最後に試飲コーナーへ。ここでもスタッフの説明はなく、自由に好きなだけお酒を飲むスタイル。車で来たら飲めないので、この時はバスで良かったと思いましたね。

焼肉ホルモン伝説むる、最高!

この後はバスに乗って宿がある名瀬に戻りました。14時くらいだったかな。お腹も満たされていたので、そのまま宿に入り夕方17時過ぎまで昼寝しました。ビーチリゾートに行った時も大体昼寝するので、僕にとってこの昼寝の時間は必要性が高いのでしょう。

目が覚めると何やら1階のラウンジが騒がしい。降りていくと、今晩から泊まるバックパッカー3人(内女性二人、内外国人一人)がお酒を飲みながらスタッフと会話していました。今日は加計呂麻島からやってきたのだとか。そのまま一緒に会話を続けたかったのですが、お腹が空いてきたので夕食に出かけることに。

何を食べるのかは決めていました。魚は昨晩に飽きるほど食べたので、今晩は肉にしようと。選んだお店は「焼肉ホルモン伝説むる」。久々の一人焼肉ですよ。カウンターに座り飲み放題2時間1500円を注文。そして脂身が苦手な僕はホルモンを中心にお肉を注文。一番うまかったのは豚タン。牛タンは食べたことがあるのですが、豚タンは初めて。鹿児島といえば豚なので、やっぱり鮮度が違うのでしょう。店長との会話も楽しく、気づいたら3時間もお店にいました。次に奄美大島に来たら、また寄ろうと決めました。

焼肉臭を付けた服で入るのはためらいましたが、昨晩来たお店に再訪。イケメンサーファーの店主との会話を楽しみ、後から入ってきた北海道から来た女子大生風の女性二人との会話も楽しみ、気づいたら24時近くに。このまま飲み続けると、翌日も二日酔いになる可能性が高いと思い、2日目の夜はこれで終了です。

【宿泊】GOLDEN MILE HOSTEL

関連記事

  1. 時価総額が1000億円を超えるバイオベンチャー企業

  2. 市民に身近な存在・地方銀行が変わっていく

  3. 東大出身者が起業した上場企業のウェブサイト

  4. 京都市が自転車保険加入を義務化。で、どうしたらいい?

  5. 生産性向上に向けた各企業の取り組み

  6. 関西の箱根駅伝「京都学生駅伝競走大会」に注目!