【改正民法】成人年齢が18歳に引き下がることで何が変わるの?

先日6月13日に成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる改正民法が成立しました。施行は2022年春からとなっています。20歳以上の人にとっては特に意識することではないのですが、22年以降に18歳になる子供を持つ親は意識しておくべきことだと思います。今回の改正で特に気になったのが「18歳以上であれば親の同意なく契約が可能」になったことです。

例えば、現在は20歳未満がクレジットカードを申し込む場合に親の同意が必要なのですが、22年以降は親の同意なく申し込むすることができます。クレジットカードにはキャシング機能も付いていますので、単に支払いで使用するだけでなく、借金を抱えてしまう可能性が高くなります。万が一、借金の返済ができなくなった場合、結局は親が負担することが分かりきっています。若くして責任を持たせることは良い面もあるのですが、同じくらい負の面もありますので、そこは親がしっかり把握する必要があるのではないでしょうか。

成人年齢が18歳になって変わること(例)
結婚年齢

【現行】男性18歳以上、女性16歳以上

【2022年4月以降】男女ともに18歳以上

契約関係

【現行】20歳未満は親の同意が必要

【2022年4月以降】18歳であれば親の同意なく可能

司法書士など専門資格取得

【現行】20歳以上

【2022年4月以降】18歳以上

パスポート取得

【現行】20歳未満は5年有効パスポートだけ取得可能

【2022年4月以降】18歳以上なら10年有効パスポートも取得可能

性同一性障害のある人の性別変更申し立て

【現行】20歳以上

【2022年4月以降】18歳以上

飲酒・喫煙・ギャンブル 変更無しで20歳以上

 法務省『民法の一部を改正する法律(成年年齢関係)について』

成人年齢の関連書籍

関連記事

  1. 関西にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

  2. 日本が世界に先行!日本人の5人にひとりが患う膝関節治療

  3. 働きやすくて、生産性も高い企業

  4. 東北で捕れる海産物「ホヤ」が認知症の改善に!

  5. 京都市の水道料金支払いで「LINE Pay請求書支払い」が利用可能に

  6. 電子地域通貨っておトクなの?