SSLサーバ証明書をサーバに設定するならここがオススメ

Googleは2018年7月にリリースするブラウザ「Chrome68」から、SSLサーバ証明書が導入されていないHTTPサイトに対して「保護されていません」の表示を行うことを発表しました。Chromeの日本国内のシェアは約4割あるため、この発表はウェブサイトやウェブサービスの運営事業者にとって大きな影響を与えると考えます。

私は仕事柄、普段から多くのウェブサイトやECサイトをチェックしているのですが、未だにSSLサーバ証明書を導入していないウェブサイトがたくさんあります。特に気になるのがSSLサーバ証明書を導入していないECサイトが多いこと。ECサイトは個人情報を取り扱うためSSLサーバ証明書を導入しセキュリティを高めておくことは必須です。

今回はECサイトを含め未だSSLサーバ証明書を導入していない事業者や今後ウェブサイトを構築する事業者に対して、安価でSSLサーバ証明書を導入(インストール)してくれるサービスをご紹介します。

SSLサーバ証明書を安く購入するならこのサイト

SSLサーバ証明書は一般的な商品と同様にメーカーから販売店に卸されます。当然のことながら仕入れる量が多ければ卸値は下がります。SSLサーバ証明書は高く買っても安く買っても機能に差はありません。だから、出来るだけ安く購入することをオススメします。そこで私がオススメするSSLサーバ証明書販売サイトは次の2つです。

この2つのサイトはウェブ制作会社のエンジニアもよく利用しているため問題なく利用できるでしょう。SSLサーバ証明書を購入する際は、今使用しているレンタルサーバでその証明書が導入できるのかどうか最初に確認しましょう。この確認を怠ると、せっかく購入した証明書が導入できない、なんて事態が起こります。導入可否の確認はレンタルサーバ運営会社に問い合わせればすぐに教えてくれるはずです。

SSLサーバ証明書を安く設定するためのサービス

安く購入したSSLサーバ証明書でも、ただ持っているだけでは意味がありません。購入後はサーバにインストールする必要があります。先にご紹介した販売サイトでは購入したSSLサーバ証明書の設定サービスも行っていますので、購入と一緒に設定までお願いしてもよいかもしれません。ただし、設定料金は若干高めです。

私がオススメするのが(株)クーネストが提供する「SSLサーバ証明書設定代行サービス」です。他のサービスでは8,000円〜10,000円かかる設定費が5,000円で提供されています。SSLの導入にはサーバに関する専門知識が必要なのですが、同社は経験値の高いインフラエンジニアが対応するため技術的にも問題はないと思います。

SSLサーバ証明書を購入する前であれば利用しているレンタルサーバや予算、運営するウェブサイトに合わせて最適なSSLサーバ証明書を提案してくれます。興味があれば下記よりお問い合わせくださいませ。

(株)クーネストのSSL証明書設定代行サービス

SSLサーバ証明書の関連書籍

関連記事

  1. 脱PPTP

  2. ロリポップでも無料SSLが使えるようになりました!

  3. 独自SSL証明書を設定するならレンタルサーバはZenlogicで決まり…

  4. 情報セキュリティマネジメント(SG)過去問解答用紙を配布します。

  5. 経営者は必読!サイバーセキュリティ経営ガイドライン

  6. 約40%の企業で新卒採用サイトにSSLを導入