京都市・大阪市・神戸市の平均寿命(平成27年)をまとめてみました。

先日、厚生労働省から「平成27年市区町村別生命表」がリリースされました。この生命表とは、ある人口集団の死亡状況が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表したものである、とされています。簡単に言ってしまえば、市区町村別の平均寿命を表したもので、行政を運営していく上で非常に重要な指標となります。

今回はこの生命表を元に京都市、大阪市、神戸市の関西主要都市における平均寿命をご紹介します。以前、大阪府茨木市が全国で最も老衰で死ねない市とご紹介しましたが、今回も大阪は目立つ数値を出してくれました。さすが大阪。

大阪市の男性は80歳まで生きられない

最初に都市別の平均寿命をご紹介します。まず男女合わせた場合の平均寿命は京都市が最も高く84.5歳、次いで神戸市の83.9歳、そして大阪市が82.7歳となっています。男性の平均寿命は京都市が81.5歳で最も高く、女性も京都市が87.4歳で最も高くなっています。ちなみに最も早く寿命が尽きるのは大阪市の男性で平均寿命は79.1歳です。大抵の人は80歳くらいまで生きられるだろうと考えていると思いますが、大阪市の男性は80歳まで生きられる確率が低いことがわかります。

男性 女性 平均
京都市 81.5 87.4 84.5
大阪市 79.1 86.2 82.7
神戸市 80.8 86.9 83.9
京都市の区別平均寿命

それでは都市別の平均寿命を見ていきましょう。京都市で最も平均寿命が高いのが左京区で85.2歳です。最も低いのが南区の83.7歳となっています。男性の場合、最も平均寿命が高いのは左京区(82.3歳)で次いで西京区(82.2歳)です。女性の場合は、左京区と山科区が88.1歳と最も高く、伏見区と東山区が87歳と低くなっています。京都市内で長生きしようと思ったら左京区に住むことをお薦めします。

市区 男性 女性 平均 男女差
京都市北区 81.7 87.6 84.7 5.9
京都市上京区 81.6 87.5 84.6 5.9
京都市左京区 82.3 88.1 85.2 5.8
京都市中京区 81.6 87.6 84.6 6.0
京都市東山区 81.1 87.0 84.1 5.9
京都市下京区 80.8 86.7 83.8 5.9
京都市南区 80.7 86.7 83.7 6.0
京都市右京区 81.7 87.7 84.7 6.0
京都市伏見区 80.9 87.0 84.0 6.1
京都市山科区 81.5 88.1 84.8 6.6
京都市西京区 82.2 87.3 84.8 5.1
81.5 87.4 84.4 5.9
大阪市の区別平均寿命

次は注目の大阪市です。大阪市で最も長生きする区は天王寺区で83.9歳です。反対に最も平均寿命が低いのは西成区の79歳となっています。男性の場合、最も平均寿命が高いのは同じく天王寺区で81歳、最も低いのは西成区で73.5歳です。この数値は全国でも最も低いものです。女性の場合、最も高いのは北区で87歳、最も低いのは男性と同様に西成区で84.4歳になっています。

市区 男性 女性 平均 男女差
大阪市都島区 79.0 86.8 82.9 7.8
大阪市福島区 80.2 86.4 83.3 6.2
大阪市此花区 79.2 85.8 82.5 6.6
大阪市西区 79.9 86.5 83.2 6.6
大阪市港区 78.5 86.2 82.4 7.7
大阪市大正区 78.2 85.7 82.0 7.5
大阪市天王寺区 81.0 86.7 83.9 5.7
大阪市浪速区 77.5 85.3 81.4 7.8
大阪市西淀川区 78.6 86.0 82.3 7.4
大阪市東淀川区 79.0 86.5 82.8 7.5
大阪市東成区 79.6 85.9 82.8 6.3
大阪市生野区 78.9 86.5 82.7 7.6
大阪市旭区 79.4 86.3 82.9 6.9
大阪市城東区 79.5 86.5 83.0 7.0
大阪市阿倍野区 80.4 86.9 83.7 6.5
大阪市住吉区 79.6 86.9 83.3 7.3
大阪市東住吉区 78.3 86.4 82.4 8.1
大阪市西成区 73.5 84.4 79.0 10.9
大阪市淀川区 79.6 86.4 83.0 6.8
大阪市鶴見区 79.7 86.3 83.0 6.6
大阪市住之江区 79.2 86.6 82.9 7.4
大阪市平野区 78.6 85.4 82.0 6.8
大阪市北区 80.4 87.0 83.7 6.6
大阪市中央区 80.4 86.2 83.3 5.8
79.1 86.2 82.7 7.1
神戸市の区別平均寿命

神戸市の平均寿命は須磨区と東灘区が84.7歳と最も高く、兵庫区が82.3歳で最も低いです。男性の場合、最も高いのは東灘区で81.9歳、最も低いのは兵庫区で78.7歳です。女性の場合、最も高いのは須磨区の87.6歳で、最も低いのは長田区の85.8歳となっています。神戸市は京都市よりも低く大阪市よりも高いというちょうど中間くらいの位置づけでしょうか。

市区 男性 女性 平均 男女差
神戸市東灘区 81.9 87.4 84.7 5.5
神戸市灘区 81.6 87.2 84.4 5.6
神戸市兵庫区 78.7 85.9 82.3 7.2
神戸市長田区 78.9 85.8 82.4 6.9
神戸市須磨区 81.8 87.6 84.7 5.8
神戸市垂水区 80.8 87.1 84.0 6.3
神戸市北区 81.4 87.3 84.4 5.9
神戸市中央区 80.6 86.8 83.7 6.2
神戸市西区 81.5 87.4 84.5 5.9
80.8 86.9 83.9 6.1
関西3大都市の平均寿命ランキング

京都市、大阪市、神戸市の全データから平均寿命に関するランキングを作成しました。まずは関西主要都市で最も長生きできる街ランキングです。第1位は男女共に京都市左京区です。第2位は男性が京都市西京区、女性が京都市山科区です。関西3大都市圏の中では京都市が長生きできそうですね。

関西で男性が長生きできる街ベスト5

1 京都市左京区 82.3
2 京都市西京区 82.2
3 神戸市東灘区 81.9
4 神戸市須磨区 81.8
5 京都市北区 81.7

関西で女性が長生きできる街ベスト5

1 京都市左京区 88.1
1 京都市山科区 88.1
3 京都市右京区 87.7
4 神戸市須磨区 87.6
4 京都市北区 87.6

では反対に、関西主要都市で最も寿命が短い街のランキングをご紹介します。大阪市、さすがです。期待通りの結果になりました。男女共に大阪市の区が上位に入っています。女性に関しては寿命が短いといっても80歳以上ですので男性ほどインパクトはありませんが。

関西で男性の寿命が短い街ベスト5

1 大阪市西成区 73.5
2 大阪市浪速区 77.5
3 大阪市大正区 78.2
4 大阪市東住吉区 78.3
5 大阪市港区 78.5

関西で女性の寿命が短い街ベスト5

1 大阪市西成区 84.4
2 大阪市浪速区 85.3
3 大阪市平野区 85.4
4 大阪市大正区 85.7
5 神戸市長田区 85.8

以上、関西3大都市の平均寿命をご紹介しました。結局は人それぞれだとは思いますが、男性の場合は特に上位と下位で約10歳も差があるのが気になります。そしてやはり、女性は男性よりも長生きですね。京都市と神戸市の場合、女性は男性よりも約6歳長生きし、大阪市の場合は7歳も長生きできるようです。詳細は厚生労働省のデータを御覧ください。全国市区町村の平均寿命が閲覧できますよ。

 厚生労働省『平成27年市区町村別生命表の概況』

関連記事

  1. 資本金の多い仮想通貨交換業者ベスト10

  2. 京都・二条城のトイレをIoT管理する優れもの

  3. フリーランス向け業務委託契約書、秘密保持契約書のテンプレート

  4. 月々330円で弁護士費用を補償するJCBの保険がおすすめ

  5. 音関連のスタートアップ企業が今、あつい。

  6. 関西にある白内障治療の実力病院