BtoBサイトを活用できる分野

前回まではBtoBサイト構築に際してBcartを利用するメリットを中心にご紹介してきました。今回はBtoBサイトがどのような分野で、どのように活用されているのかご紹介します。自社の業務を効率化する必要性は理解しているものの、どのようなシステムを導入すればよいのか分からない。そのような悩みを持つ業務担当者の方にBtoBサイトの導入メリットをご理解いただけると幸いです。

BtoBサイトを活用できる分野(引用元・Bcart)
  • 顧客別掛率の設定

    従来は消費者向けECプラットフォームを利用していたが、卸用の機能が不足しているため業務上不満が多かった。特に顧客によって卸値の掛率を変えることが自動化できないため、アナログな手法を取るしかなかった。しかし、Bcartを利用したBtoB専門サイトを構築してからは顧客別に自動で掛率を設定できるようになり、業務の効率化を図ることができ従業員の負担が減った。

  • グループ別価格設定

    数多くの小売店に商品を卸すスタイルではなく、自社の理念に共感する小売店に対して取り扱いブランドを限定して卸している。この場合、各小売店によって卸す商品が異なるため、顧客別に購入できる商品を管理する必要がある。このような課題を解決するためにBcartを利用することで顧客グループを作成し、グループ毎に購入可能な商品を変える設定を行なうことができた。

  • ドロップシッピングを運営

    家具をインターネット上で卸すためにドロップシッピングというビジネスモデルを構築する必要があった。Bcartはドロップシッピング専用のシステムではないが、完全会員制機能など利用価値の高い機能が標準実装されていた。この機能を利用し取引実績のある顧客に対して満足のいくサービスを展開。ファイルダウンロード機能などを使い顧客の販促活動のフォローも行なえている。

  • 受発注業務の電子化

    全国にある代理店契約をした小売店のみに商品を販売している。その受発注業務は主にFAXや電話であるが代理店数が多いため、業務が煩雑になり従業員の負荷が高まり紙代なども増加していた。これを改善するためにBcartを導入。その後、受注書や請求書の電子化が図ることができ、紙代など営業コストも減らすことができた。また受発注データの電子化によりデータ分析が容易になった。

  • 社員販売に活用

    自社商品を顧客に販売するのとは別に本社とグループ会社の従業員に販売する制度がある。ただし、全ての従業員に同じ掛率で販売するのではなく会社によって掛率を変える必要があった。本来であればBtoEシステムの導入が必要であったが、既存のBtoEシステムは高額で導入が難しかった。そこでBcartを導入しBtoEとしても利用することで、BtoE業務の効率化を図ることができた。

  • 運用費用の削減

    イベント等に利用される販促品を扱う商社。各商品分野別に販売サイトを構築していたが、スクラッチ型で構築していたためシステム会社への改修費が膨らんでいたことが課題であった。そこでBcartを導入。従来は1サイト数百万円かかっていた費用が現在は年間10万円前後に。また改修の必要がないため販売価格を抑えることができるようになり価格競争力が強くなった。

その他さまざまな活用事例があります。ご興味がある場合はBcart公式サイトをご覧ください。

BtoBサイトの活用事例を見る

関連記事

  1. EC-CUBEでECサイトを作った場合は要確認!

  2. EC-CUBE B2BとBcartの機能比較

  3. 【気になる今日のECニュース】国内EC市場が15兆円突破

  4. EC-CUBE3のカテゴリ設定<その2>

  5. 越境EC利用時の価格交渉経験

  6. BtoBサイト運営に必要な3つの機能