EC-CUBE B2Bに実装されていないBcartの重要機能

BtoBサイトを構築する場合、まずベースとするプラットフォームを選択する必要があります。当社では自社オリジナルの機能が必要な場合はEC-CUBE B2Bを、初期導入費を抑えたい場合はBcartをお薦めしています。ただし、Bcartは単に初期導入費が安くなるだけでなく汎用性の高い機能が標準で実装されている点も魅力です。そこで今回はBcartに標準実装されていてEC-CUBE B2Bには実装されていない機能をご紹介します。また、対象となるBcartの機能をEC-CUBE B2Bで実現しようとした場合のカスタマイズ費も取り上げます。カスタマイズ費に関しては当社で請け負った場合の費用ですので予めご了承ください。

基本機能
会員情報編集制限機能 会員には、会員情報を編集させない機能です。管理者のみが編集を⾏えます。 各項⽬に対し、編集させない・許可するの選択が可能です。 既に基幹となるシステムがある場合は、EC側で任意に情報を変えられる機能は 必ずしも有⽤ではありません。BtoBのお取り引きによくあるケースです。
EC-CUBE B2B実現費用:15〜20万円
メールアドレス無しの会員許可 BtoBの場合メールアドレスをお持ちでない顧客も存在します。管理画⾯に限り、メールアドレスが空でも登録できる機能です。会員から登録してくる場合や、登録された会員が情報を編集する際にはメールアドレスを⼊⼒必須とし、今後の顧客情報の充実化も⾏えます。
EC-CUBE B2B実現費用:5〜10万円
代理店機能 商品の販売代理店や、その代理店が抱える顧客から直接受け付けた注⽂に対して、代理店ごとのキックバック⾦額を⾃動算出することができます。
EC-CUBE B2B実現費用:40〜50万円
組み合わせ(アソート)販売  複数の商品を組み合わせて、別品番の商品として販売することができます。
EC-CUBE B2B実現費用:20〜30万円
 おまとめ割引機能 ⼀般画⾯において、カートに⼊った総額に対しての割引するおまとめ割引機能です。
EC-CUBE B2B実現費用:10〜15万円
運営管理機能
サイズ別送料設定 送料の設定で、サイズや重さや才数によって送料が変更が必要ケースもその条件別の送料を設定できます。
EC-CUBE B2B実現費用:10〜15万円
営業担当者 会員様毎に担当している営業者を登録することができます。
EC-CUBE B2B実現費用:5〜10万円
会員毎の送料設定 配送グループで管理する基本の送料にプラスして、会員毎にも送料を設定できます。 定額の送料の設定や、送料無料の会員をつくることができます。
EC-CUBE B2B実現費用:20〜30万円
販売機能
販売(販路)制限設定 商品の販路を制限できます。A向けの商品が購⼊できるグループ、B向けの商品が⾒えるグループといった⾵に会員様を管理しやすいグループという括りで管理できます。特別な⽅にだけ提供している商品がある(他の会員にはしられたくない商品)などより詳細な個別な設定も可能です。
EC-CUBE B2B実現費用:40〜50万円
決済方法の個別設定 会員様毎に異なる決済⽅法を指定(設定)することができます。 (1)取引が浅い⽅は銀⾏決済・クレジット決済のみ (2)お得意様は掛け払い といった、取引具合に合わせた設定などを⾃由に設定いただけます。 また、その決済⽅法に対し詳細な選択肢を設けることもできます。
EC-CUBE B2B実現費用:30〜40万円
人気ランキング設定 注⽬度抜群のランキングも簡単に設定できます。設定⽅法は売上数を元にランキングを⾃動⽣成または、⼿動で⼈気商品を登録する⼆通りご利⽤いただけます。
EC-CUBE B2B実現費用:5〜10万円
数量割引機能 数量(注⽂数)に応じた単価で商品を販売できる機能です(ボリュームディスカウント)。
EC-CUBE B2B実現費用:10〜15万円
再発注機能  会員のマイページ、注⽂詳細と注⽂履歴⼀覧より、以前の注⽂を再発注する機能を追加しました。再発注をすると、過去の発注と同じ商品がカートに⼊ります。
EC-CUBE B2B実現費用:10〜15万円
販売価格の非表示機能  ログイン後も、販売価格を⾮表⽰のまま商品の購⼊ができる機能です。商品発注担当者が、商品の卸値を知らなくてよい場合などにご活⽤ください。
EC-CUBE B2B実現費用:10〜15万円

以上、Bcart独自機能をEC-CUBE B2Bに実装する場合のカスタマイズ費用をご紹介しました。EC-CUBE B2Bはカスタマイズすることを前提としているため、デフォルト利用は実用的ではありません。一方、Bcartの場合は過去に導入した顧客の声を機能に反映して作られていますので実用性が高いシステムです。ただし自社オリジナル機能を後から追加することはできません。妥協できないオリジナル機能を実装したい場合はEC-CUBEを、汎用性の高い機能だけで対応できるのであればBcartをお薦めします。どちらを選べばよいか迷った場合は、当社にご相談ください。

Bcartの機能一覧を見る

関連記事

  1. Bcartの利用プランと導入イメージ

  2. いよいよ10月1日から宅配便運賃の値上げ開始

  3. EC-CUBE3管理ページは7つの項目で成り立っている

  4. EC-CUBE3対応の無料プラグイン(機能カスタマイズ編)2018

  5. EC-CUBEとMakeshopとカラーミーショップの費用比較

  6. EC-CUBE3のデザイン