BtoBサイトの運営パターン

EC-CUBE B2BやBcartなどBtoBプラットフォームを利用することで、一体どのようなサービスが実現できるのでしょうか。今回はBtoBプラットフォームを利用して実現できる3つのサービスをご紹介します。

BtoBサイトの3つの運営パターン

BtoBサイトは次の3つに分類されます。

  • BtoB通販

    アスクルやMonotaROのように企業をターゲットにした通販サイトです。

  • ネット卸

    NETSEAなど主に小売店やEC事業者にターゲットに商品を販売するネット卸サービスです。

  • 受発注システム

    従来、社内で電話やFAXを使用して行っていた受発注業務をインターネットに置き換えたものです。

BtoB通販の特徴

従来製品を生産し、販売は商社(卸)に任せていたメーカーが直販を始めるケースが増えてきました。メーカーが直販を始めるメリットは消費者(購入者)の直接的な購買データが入手できることです。今までのように商社(卸)のニーズに応える形で商品企画を行ってきた習慣を改め、自社のマーケティング機能を高めオリジナリティの高い商品を世に送り出すことが可能になります。

顧客対象 法人や事業者を対象にした取引。売る側も買う側も法人であるためBtoB通販といわれる。
活用場所 いインターネット上で新規顧客を獲得し、リピート注文に繋げていくという点で従来のネット通販と同じスキームを採用する。
取引業態 BtoBではあるが「直販」であることが特徴。
ネット卸の特徴

誰でも簡単にネットショップを開設できる時代になり、インターネットを使った商品仕入れのニーズが高まっています。大口顧客に対しては従来のように担当の営業社員を付け情報収集と関係性構築に努め、ネットショップなど小口顧客に関しては属人的な作業を削減し業務効率を高めることで利益を増やすことができます。また、インターネットを使うため販路が拡大する点も特徴です。

顧客対象 既存客の発注対応とインターネットを活用して新規顧客の獲得。
活用場所 営業拠点の無い地方をインターネットでカバーし商圏を拡大する。
取引業態 小売店など再販活動を行なうことが特徴。
受発注システム

特に中小企業においては最も導入ニーズが高まるパターンだと考えられます。従来のように電話やFAXで対応していた受発注業務をインターネットに置き換えることで、社内の人手不足を補い業務効率を高めることができます。また顧客も24時間365日、時間を気にせずに発注できます。また営業スタッフが現場で端末を操作し、顧客に代わりその場で発注業務を行なうこともできます。

顧客対象 主に既存顧客の発注をインターネットで対応します。
活用場所 従来の社内業務をオンライン化する視点が必要になります。
取引業態 仕入れをした取引先は何らかの再販行動をおこないます。

関連記事

  1. EC-CUBE B2Bに実装されていないBcartの重要機能

  2. 安心して導入できる、Bcartのサポート体制

  3. ネット通販も差別化の時代へ

  4. EC-CUBE3対応の使える無料プラグイン60

  5. 初めての海外向けECサイト構築(越境EC)

  6. いよいよ10月1日から宅配便運賃の値上げ開始