従業員の健康管理を真面目に考えている健康経営銘柄(企業)

先日、2月20日に経済産業省が「健康経営銘柄2018」を公表しました。健康経営銘柄とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組む上場企業を経済産業省と東京証券取引所が選んだもので、「経営理念・方針」「組織・体制」「制度・施策実行」「評価・改善」「法令遵守・リスクマネジメント」という5つのフレームワークと、財務面でのパフォーマンス等を元に評価・選定されています。従業員の健康管理を真面目に考えている企業は、従業員の労働満足度が高く、仕事においても高いパフォーマンスを出すと考えられます。そして、そのような企業は投資家からも評価されます。人材採用という点においても、このような企業には優秀な人材が集まりやすいと考えられます。今回は「健康経営銘柄2018」に選ばれた企業をご紹介します。

従業員の健康管理を真面目に考えている健康経営銘柄2018

本データは経済産業省がリリースしたものに、当社独自に平均年収と平均年齢の数値を加えたものです。

社名 業種 平均年齢(歳) 平均年収(万円)
住友林業株式会社 建設業 41.8 851
株式会社ベネフィット・ワン サービス業 32.2 562
味の素株式会社 食料品 43 952
株式会社ワコールホールディングス 繊維製品 非公開 非公開
花王株式会社 化学 41.4 798
塩野義製薬株式会社 医薬品 41.7 928
テルモ株式会社 精密機器 41.5 740
コニカミノルタ株式会社 電気機器 44.8 750
バンドー化学株式会社 ゴム製品 41.9 659
TOTO株式会社 ガラス・土石製品 42.2 672
JFEホールディングス株式会社 鉄鋼 44 938
株式会社フジクラ 非鉄金属 40.5 720
リンナイ株式会社 金属製品 36.8 614
株式会社ダイフク 機械 42.2 757
株式会社デンソー 輸送用機器 43.4 827
凸版印刷株式会社 その他製品 41.8 695
キヤノンマーケティングジャパン株式会社 卸売業 47 841
株式会社丸井グループ 小売業 41.2 668
株式会社みずほフィナンシャルグループ 銀行業 37.7 744
リコーリース株式会社 その他金融業 40.6 670
株式会社大和証券グループ本社 証券・商品先物取引業 42.1 1072
東京海上ホールディングス株式会社 保険業 41.5 829
フジ住宅株式会社 不動産業 40.1 573
東京急行電鉄株式会社 陸運業 40.3 750
ANAホールディングス株式会社 空運業 47.2 818
SCSK株式会社 情報・通信業 42.5 726
(平均) 41.6 766.2

関連記事

  1. 中国人が爆買いする日本の薬「神薬12」とは。

  2. 雑誌Leafに載りました。

  3. 稼ぐために働きたくない世代の働き方

  4. 東京には負けない!関西企業のIPO銘柄

  5. 効果抜群!鳩のフン被害にはこのグッズで対策

  6. 祇園祭2016(後祭)の楽しみ方