大学生がよく利用するSNS

2月に入り各企業が2019年卒向けの採用ホームページを公開し始めました。3月1日の採用広報活動開始に向けて2月は各社の動きが活発になりそうです。さて、企業の採用広報活動において必須のツールといえばSNSです。採用ホームページも重要なツールではあるのですが、一度訪れて情報を閲覧してしまえば、その後採用ホームページに訪れる頻度は低下します。一方、SNSは日常的に高い頻度で利用するため継続的な情報発信が可能です。しかし、大学生は全てのSNSを満遍なく利用しているわけではありません。今回は今どきの大学生がどんなSNSを日常的に利用しているのかご紹介します。

今どきの大学生がよく利用するSNS(マイナビ調べ)

私自身(43歳)がよく利用するSNSはFacebookです。私の同年代の友人もFacebookが多く、最近ようやくInstagramが増えてきました。しかし、最近の大学生はFacebookを利用している割合が低いことがわかります。男女ともに最も利用率が高いのはLINEで9割以上の学生が利用しています。次いで多いのがTwitterで、最近はInstagramが増えています。そしてFacebookは最下位で男女共に3割の学生しか利用していません。

最近の採用活動で女性採用に力を入れている企業が多いのですが、女子学生を獲得するのであれば女子学生が利用しているSNSを広報活動に取り入れる必要があります。下記の表を見れば分かりますが、女子の場合はInstagramの利用率が高いのが特徴です。LINEは採用広報に取り入れるのは難しく、Twitterは他の投稿に埋もれる可能性が高いため、企業にとってもInstagramが利用しやすいのではないでしょうか。ただし、Instagramは写真メインのSNSですので、運用方法を明確にした上で取り入れたほうがよいと思われます。

よく利用するSNS(19年卒大学生データ)
男子 女子
LINE 90.1% 94.6%
Facebook 30.2% 27.6%
Instagram 36.4% 61.7%
Twitter 75.9% 81.1%

(マイナビ『2019年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査』より抜粋)

Instagram運用に役立つ書籍

関連記事

  1. 前立腺がんの10年生存率は92%、膵臓がんは5%

  2. 何をしたらいいの?無期転換雇用に向けた準備って。

  3. 2017年冬のボーナスが多かった会社のウェブサイト

  4. 京都の酒蔵・秋の蔵開き開催日程まとめ2018

  5. オフィスをサロンに。人が集まる場を創る。

  6. 祇園祭2016(後祭)の楽しみ方