時価総額が1000億円を超えるバイオベンチャー企業

現在、最先端の治療薬を研究している国内のバイオベンチャー(VB)に投資家が注目しています。がん治療薬や認知症薬、再生細胞薬など将来需要が拡大すると考えられる研究開発を行う企業が中心です。今回はそんな将来有望な国内のVBをご紹介します。

時価総額1000億円以上のバイオベンチャー

※企業名をクリックすると各社ウェブサイトに遷移します
※時価総額は1月23日時点のものです(日経調べ)

ペプチドリーム株式会社(神奈川県川崎市) 5,525億円
タカラバイオ株式会社(滋賀県草津市) 2,167億円
そーせいグループ株式会社(東京都千代田区) 2,296億円
JCRファーマ株式会社(兵庫県芦屋市) 1,851億円
サンバイオ株式会社(東京都中央区) 1,923億円
栄研化学株式会社(東京都台東区) 1,121億円
株式会社ヘリオス(東京都港区) 1,005億円
時価総額1000億円以上のバイオベンチャーの平均年収(平均年齢)

※会社四季報2018年1集のデータに基づいて表示しています

ペプチドリーム株式会社(神奈川県川崎市) 993万円(40.8歳)
タカラバイオ株式会社(滋賀県草津市) 632万円(41.2歳)
そーせいグループ株式会社(東京都千代田区) 1,151万円(45.8歳)
JCRファーマ株式会社(兵庫県芦屋市) 808万円(41.4歳)
サンバイオ株式会社(東京都中央区) 922万円(40.1歳)
栄研化学株式会社(東京都台東区) 744万円(43.9歳)
株式会社ヘリオス(東京都港区) 698万円(40.3歳)

 (外部リンク)日本経済新聞

関連記事

  1. 関西で先端医療が受けられる病院一覧

  2. 雑誌Meetsの「京都はしご酒」特集の掲載店をGoogle Mapに載…

  3. 女性活躍推進に優れた上場企業「なでしこ銘柄」48社

  4. 出生前に父親を特定する「出生前親子鑑定」とは

  5. シニア人材の採用事例(ネスレ日本)

  6. 従業員の健康管理を真面目に考えている健康経営銘柄(企業)