京都マラソン2018のオススメ応援スポット

京都マラソン2018まで残り3週間ほど。昨年走った僕は今年の参加は見送りましたが、知人・友人ランナーがたくさん走るので、当日はランナーを応援するために出かけようと思っています。今回は僕と同じように知人・友人ランナーを応援する人のために、おすすめの応援スポットをご紹介します。実際に京都マラソンを走った立場から見たスポットです。京都マラソン公式ホームページの内容とは異なると思いますがご了承ください。

ランナー視点でおすすめする応援スポット

スタートから20kmまでは応援しない

京都マラソンは約1万6000人のランナーが走ります。前半はこのほとんどのランナーに余裕があり団子状態で走るため、沿道から目当てのランナーを探すのは難しいでしょう。またランナーも団子状態で沿道の知人を探すのは難しく、仮に見つけたとしてもわざわざ側に寄っていく余裕はないと思われます。ランナーとしては余裕のある前半よりも、辛くなる後半に応援してもらうほうが嬉しいのでは。

北山通り・下鴨本通(おすすめ)

北山通りの中間点を過ぎるとランナーもバラけてきますので、まずはこの北山通りで応援しましょう。おすすめは北山通りを東で折り返し戻り下鴨本通を下るところか、下鴨本通を折り返し戻ってきたところです。うまくいけば3回ランナーを確認する機会がありますので見逃す可能性は低くなります。ただし北山通りは人気のある応援スポットですので、良い場所を確保するには早めに到着しておくことが必要です。

植物園(おすすめ)

京都マラソン当日は植物園の入園料が無料になりますが意外と応援している人が少ないんです。植物園は25kmを過ぎていますのでランナーもだいぶバラけています。また、園内の道幅が狭いのでランナーを見つけやすいと思いますよ。

河原町通

30kmを過ぎると京都のメインストリートのひとつ河原町通りを南下します。ランナーにとっては苦しい区間ではあるのですが沿道の人が多く華やかな雰囲気があります。ただし、その分ランナーは応援している人を見つけにくくなります。また前半のように気力、体力ともに余裕がありませんので人を見つける余裕もないかもしれません。

今出川通(おすすめ)

京都マラソンのコースの中で最もランナーを苦しめるのが40km前後を走る今出川通です。ランナーとしてはここで応援があると嬉しいと思います。京都大学の前を通るので人が多いイメージがあるのですが、実はあまり応援している人はいません。というのも、この今出川通を過ぎればすぐにゴールなので、多くの人はゴール直前で応援するためです。もちろんゴール直前で知っている人がいれば嬉しいのですが、応援効果が最も高いのはこの今出川通だと思います。

冷泉通

ゴール直前の直線です。ここまで来るとランナーは気持ちが楽になり余裕が生まれます。とにかく早くゴールしたいという思いで急にスピードを上げるランナー、感動のあまり泣きながら走るランナーも。ここは42.195kmを走りきったランナーだけに与えられた自分自身を褒めることができる短い区間です。ランナーなら分かると思いますが、フルマラソンを走って一番嬉しいのはゴールではなくゴールが見えた瞬間です。応援も嬉しいのですが、そんな自分と向き合う時間をランナーにプレゼントするのもアリだと思いませんか。

いかがでしたでしょうか。ランナーにとって応援は力になります。応援する人は知っているランナーにもそうでないランナーにも盛大な応援をしてほしいと思っています。僕も頑張って応援します。

関連記事

  1. 新潟ワインコーストで楽しむワイナリー

  2. トランプ米国大統領夫妻が訪れた店はココ!

  3. 日帰りビーチBBQなら鳥羽キャンプセンターがおすすめ

  4. 日本酒の種類を知る

  5. 資本金の多い仮想通貨交換業者ベスト10

  6. 京都のコワーキングスペース2016