働きやすさ偏差値の高い企業

2017年12月18日の日本経済新聞・朝刊に掲載された記事で、働きやすさを視点に格付けした企業ランキングがありました。昨年から国内では働き方に関する話題が増え、各企業では人材獲得と人材流出防止のために働く環境整備に取り組み始めています。その企業で働く従業員にとっては働きやすくなることは良いことなのですが、企業の業績にどのような影響を与えるのでしょうか。例えば外食産業では従業員の働く環境を改善するために24時間営業を停止する店舗を増やしたり、各店舗の配置人数を増やしたりと負担が重たくなっている印象があります。従業員にとって働きやすい会社になったとしても業績が伸びなければ本末転倒です。しかし、今回日経が調査した「スマートワーク経営調査」の結果を見る限り、働きやすい企業ほど業績が伸びていることがわかります。今後、働きやすくて成長している企業には人材が集まるのでしょうね。

働きやすい企業の格付け上位企業(日経調べ)
偏差値70以上
  • アサヒグループHD
  • イオン
  • SCSK
  • NTTドコモ
  • 花王
  • キリンHD
  • コニカミノルタ
  • 資生堂
  • ソニー
  • ダイキン工業
  • 富士フイルム
  • 三菱ケミカルHD
  • ヤフー
偏差値65以上70未満
  • 味の素
  • 伊藤忠商事
  • MS&ADインシュアランスグループHD
  • キヤノン
  • クボタ
  • コマツ
  • サントリーHD
  • 塩野義製薬
  • 積水ハウス
  • セブン&アイHD
  • SOMPOHD
  • 第一生命HD
  • 帝人
  • デンソー
  • 東京海上HD
  • TOTO
  • 東レ
  • 凸版印刷
  • 日本たばこ産業
  • 日本電産
  • ネスレ日本
  • 野村HD
  • ファーストリテイリング
  • 三井住友フィナンシャルグループ
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • ユニ・チャーム
  • LIXILグループ

(参考サイト)日本経済新聞

関連記事

  1. 2020年施行予定の民法改正でどんな影響が出る?

  2. 祇園祭・宵山は四条大宮でONE DAY PARKイベント

  3. 新潟ワインコーストで楽しむワイナリー

  4. 【Amazon Alexa】スキル一覧(音楽・オーディオ編)

  5. 10歳未満でもネット利用率は39%

  6. ビットコインの売却には要注意