ドンキに続きゲオも5万円を切る格安50型テレビを販売

最近は家電メーカー以外の企業が液晶テレビを販売するケースが増えてきました。もっとも有名なのが、総合ディスカウントストアのドン・キホーテが販売する「情熱価格+PLUS 50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ」。価格は4Kで5万4800円!1週間で3000台が完売する人気ぶりでした。この液晶テレビ激安戦争に新たに参入したのが名古屋を中心に展開するゲオホールディングス参加のゲオ。一体どんなテレビを販売するのでしょうか。

4Kで5万円切りの驚き価格

ゲオのプレスリリースによると、今回販売するのは50型の4K対応液晶テレビ。ドンキと真っ向勝負を挑んできました。しかし、価格はドンキよりも1万円安い49,800円!4K対応テレビがこれだけ安く売られると、今までの家電メーカーの価格は一体なんだったんだろうって考えちゃいますよね。

商品名は「GH-TV50A-BK」という覚えにくい名前なのですが、商品はしっかりしているようです。メイン基板は日本製を使用し、色再現性やノイズ低減を向上させています。チューナーは地上デジタル放送とBS/CSに対応。HDMIは3系統を装備しているんだとか。4万円台とは思えないほど高品質です。しかも何がすごいって、こんなに安いのに2年間の保証期間が付いていること。これはお買い得ですよ。

実店舗でしか購入できません

さて、このお買い得液晶テレビを手に入れるにはどうすればよいのでしょうか。まず販売日ですが、2017年12月13日(水)に決まっています。この日は有給休暇を取得しましょう。ちなみに予約販売は行わないようなので先着順。つまり、並ぶ必要があります。

そして購入できる場所ですが、インターネット販売は行わず実店舗でのみ販売します。その店舗とはゲオ50店舗とセカンドストリート300店舗。計350店舗なのですが、販売台数が1700台限定ですので各店舗には平均して5台くらいしか割り当てられないことになります。たったの5台です。だから、手に入れる可能性を高めるためには都心や駅周辺店舗ではなく郊外店に行くのがよいでしょう。また、持ち帰る場合は5万円以下ですが配送を依頼すると5万円を超えるようですので、郊外店に自家用車で買いに行くのが一番です。

近所に実店舗がない場合はAmazonで同価格帯の商品を買おう

50型4K対応で5万円を切る価格はかなりお買い得だと思いますが、近所に販売店舗がない場合はどうしようもありません。わざわざ遠方の店舗まで買いに行ったら、その手間でお手頃感は消えてしまうでしょう。もし近所に販売店舗がない場合はAmazonで同価格帯の商品を購入することをオススメします。国内メーカーの商品は10万円以上しますが、それ以外であれば6万円台から購入することができますよ。

(外部リンク)ゲオのプレスリリース

関連記事

  1. どれがオススメ?インフルエンザ治療薬を比較してみた

  2. 飲食店店主は要注意!偽ソムリエが出回っているらしい。

  3. 初めて飲食店を経営する人のための成功のヒント

  4. 関西で先端医療が受けられる病院一覧

  5. 全国34の特約店でしか購入できない日本酒・王祿

  6. 電子地域通貨っておトクなの?