無線LANの脆弱性

無線LAN(Wi-Fi)のセキュリティの種類がWPA2のものに複数の脆弱性が公開されています。この脆弱性に対処しないと同じ無線LANに接続している第三者に盗聴される恐れが有ります。対応が必要なのは主にクライアント(子機)側になります。

Windowsは10月10日に修正プログラムが公開されていました。WindowsUpdateによる更新でも対応可能ですので更新してください。Apple製品のOSやAndroidのスマートフォンは数週間のうちに対処されたものが配信されるようです。無線LANルータやその子機もファームウェアのアップデート等で対応可能です。各製品メーカーのサポートページ等をご確認頂ければと思います。

対処が出来るまでの脆弱性の回避策はいくつか考えられます。

・有線LANを使用する
根本から回避する方法になりますが利便性との兼ね合いになるかと思います。

・VPNを使用する
公衆無線LANなどのアクセスポイントで有効な方法です。通信自体を暗号化する方法です。

・暗号化されていない通信で重要な情報の送受信をしない
例えば個人情報やクレジットカード情報など重要な情報をWEBサイトの登録フォームで入力する際にHTTPSであることを確認してから送信するなどの注意が必要です。

大げさに不安を煽るわけではありませんが狙われない限り被害は無いとはいえ安全であることに越したことはありませんのでご対応頂ければと思います。ご不明な点などございましたら是非ご相談下さい。

関連記事

  1. ネタ

  2. 常時SSL

  3. WordPressバージョンアップ

  4. 改正個人情報保護法

  5. 授業のペース配分

  6. CPU脆弱性