なぜ太陽は東からのぼって西に沈むのか

小学生の子どもに「なぜ太陽は東からのぼって西に沈むのか」と質問されたので東西南北の方角の説明と、地球の自転、公転、太陽と地球の位置関係などを図を交えて教えたのですが、言葉の意味としては理解したようなのですが、なかなかピンと来ない様子だったのでどうしたものかと考えた結果、科学館へ連れて行くことにしました。

京都市青少年科学センターへ連れて行ったのですが、私自身35年ぶりくらいだったこともありとても懐かしかったです。当時あった設備が結構残っていたことに驚きました。目的だった「なぜ太陽は東からのぼって西に沈むのか」の疑問に答えるための模型や照明を使った設備があったので説明がスムーズに出来ました。ついでに夏と冬で日の出日の入りの時間が変化することや影の変化などについてもしっかり教えることが出来ました。

もちろん他にも沢山の展示物があり子どもはとても楽しんでくれたみたいでした。私は図や模型での説明がマニュアル作りの参考にもなると思いながら楽しめました。全国各地に色んな博物館や科学館が有りその場所ならではの展示もあるのでそういうものも見て回ると楽しいかも知れません。例えば滋賀の琵琶湖博物館ではレストランでブラックバスを食べられますよ。

関連記事

  1. 加湿器

  2. 備え

  3. 人材採用

  4. Windows10への移行

  5. ネタ

  6. Amazon Echo