未上場なのに評価額が100億円を超えている企業のウェブサイト

AIをはじめ国内に展開されている最新技術は海外発のものが多いイメージがあるのですが、実は日本国内でも成長しているベンチャーが存在します。その中には未上場であるにもかかわらず既に評価額が100億円を超え、650億円を超える企業もあります。今回は成長性の高い国内ベンチャー企業のウェブサイトをご紹介します。

未上場なのに評価額が100億円を超えている企業のウェブサイト

Spiber株式会社

https://www.spiber.jp/

  • タンパク質を素材として人工のクモ糸を開発
  • 評価額 659億円
  • 本社 山形県鶴岡市
  • 代表 関山和秀(慶應義塾大学環境情報学部卒)

スマートニュース株式会社

http://about.smartnews.com/ja/

  • スマホ向けニュースアプリを開発
  • 評価額 559億円
  • 本社 東京都渋谷区
  • 代表 鈴木健(東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了)

freee株式会社

https://corp.freee.co.jp/

  • クラウド会計ソフトを開発
  • 評価額 393億円
  • 本社 東京都品川区
  • 代表 佐々木大輔(一橋大学商学部卒)

株式会社Preferred Networks

https://www.preferred-networks.jp/ja/

株式会社TBM

https://tb-m.com/

  • 石灰石からつくる新素材開発
  • 評価額 282億円
  • 本社 東京都中央区
  • 代表 山﨑敦義(岸和田市立久米田中学校卒)

Sansan株式会社

https://jp.corp-sansan.com/

  • 名刺管理サービスの開発
  • 評価額 221億円
  • 本社 東京都渋谷区
  • 代表 寺田親弘(慶應義塾大学環境情報学部卒)

ラクスル株式会社

https://corp.raksul.com/

  • ネット印刷サービス
  • 評価額 216億円
  • 本社 東京都品川区
  • 代表 松本恭攝(慶應義塾大学商学部卒)

株式会社ソラコム

https://soracom.jp/

クラウドサービスの企業が上位を占めていると思いきや、新素材開発の企業が上位にランクインしていたのが気になりました。人工のクモ糸開発ってすごいですよね〜。スパイダーマンが実現できちゃう?関西の企業が一社も入っていなかったのが少し残念ですが、日本のベンチャーも盛り上がってきましたね。

関連記事

  1. おもしろおかしく、会社を経営する方法

  2. 【Amazon Alexa】スキル一覧(ゲーム・トリビア・アクセサリ編…

  3. 旅に出かけたいけど、旅する時間もお金もない人へ

  4. 年間1500億円も稼ぐ回転寿司の魅力ってなに?

  5. 京都マラソン2018のオススメ応援スポット

  6. 情熱大陸プロデューサーの「仕事で成功するための」思考法