EC-CUBE3で商品ページを作成する

前回はEC-CUBE3の商品登録画面の項目を確認しました。今回はその登録画面に実際に情報を入力し商品ページを作成します。商品写真は事前に加工しておきましょう。

商品情報を入力する

管理画面の「商品登録」画面を開き、該当する情報を入力していきましょう。今回はダミー商品として菓子皿3枚セットの情報を入力してみました。

商品画像はドラッグアンドドロップで設定することもできます。また、商品画像をドラッグして掲載順を変えることもできます。情報が入力できたら、画面右上にある「商品を登録」ボタンを押しましょう。この時、このボタンの上の「公開」を選んでしまうと画面確認無しですぐに公開されてしまうため、必ず「非公開」を選んで商品を登録しましょう。

商品ページを確認する

非公開登録した商品ページを実際に確認してみましょう。確認するには、画面右メニューの「確認」ボタンをクリックします。すると以下のような実際の商品ページが表示されます。

価格は入力した金額に消費税を加えたものが表示されます。ちなみに商品一覧ページには以下のように掲載されます。

EC-CUBE3を標準のまま使用するのであれば、それほど登録する情報も多くありませんので手間をかけずに商品を追加していくことができますよ。

関連記事

  1. 【EC-CUBE新着プラグイン】かんたんフォーム作成プラグイン

  2. 鮮魚流通のためのECサイト(BtoB)が盛り上がっている

  3. EC-CUBE4対応、Youtube動画挿入機能付きHTMLエディタ

  4. eBayの国内通販サイト「Qoo10」の販売手数料が最大3ヶ月間無料に…

  5. 【BASE無料アプリ】予約販売で在庫を抱えるリスクを減らす

  6. 【BASE無料アプリ】セール価格で商品を販売する