EC-CUBE3の単品商品登録

前回までで商品のカテゴリ登録が終わりましたので、次は実際に商品を登録してみましょう。商品登録には商品を一つずつ登録する単品登録と、CSVファイルを使用した一括登録の2つの方法があります。今回は商品を単品登録して、EC-CUBE3の標準設定でどのような情報が登録できるのか確認してみましょう。

商品登録画面を確認しよう

サイドメニューの商品管理項目から「商品登録」をクリックすると次の画面が表示されます。

この画面で登録できる情報は以下の通りです。

<基本情報>

商品名 必須項目。商品名を入力します。
商品種別 商品種別AとBがありますが、商品種別Aを登録してください。
商品画像 複数画像をアップロードできます。ドラッグで並び替えもできます。
商品説明 商品説明を入力します。
一覧コメント 商品一覧画面に別のコメントを載せたい場合はこちらに追記します。
 販売価格 必須項目。
通常価格 通常価格がある場合は入力します。
在庫数 無制限にすることも可。
商品カテゴリ 登録した商品カテゴリから該当するものを選択
タグ 標準では「新商品」「おすすめ商品」「限定品」が付いています。

<詳細設定>

商品コード 商品コードがある場合は入力します。
販売制限数 一回の注文で販売できる数量を制限する際に利用します。
検索ワード 説明やコメント、商品名にない検索ワードを入力します。
お届け可能日 「即日」「1〜2日後」などを選択します。
フリーエリア 自由に入力できます。HTMLも可能。

標準のEC-CUBEでも必要最低限の情報は掲載できます。ここに無い情報を掲載したい場合はカスタマイズする必要があります。次回は実際に商品情報を入力して商品画面を作成してみます。

関連記事

  1. Bcartで利用できる外部連携サービス一覧

  2. 京都府とアリババが協定を結び伝統工芸のEC販売

  3. 消費者向けネットショップ市場の現状

  4. ネット通販も差別化の時代へ

  5. Facebookページでネットショップを作成する方法

  6. 越境EC・集客のヒント