セキュリティ

猛暑の日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。さっそく夏風邪をひいてしまったという話も聞いております。就寝中の冷房にやられてしまったりなどでしょうか。私も体調を崩さないように気をつけたいと思います。

日頃色々なお客様のサーバーの運用管理をお任せいただいておりますが、新しく管理させて頂くサーバーを確認しますと、設定漏れや設定が間違えたままになっていたり、セキュリティ面で問題がある設定などを発見することがしばしばです。ホームページやECサイトなどに使用されるWEBサーバーですと、SSL証明書が使われている事が多いのですがSSLの設定に問題があり、脆弱性が放置されたままということがあります。SSL証明書を導入したからセキュリティ面は安心とは限らず、正しく設定されていなければ脆弱性は残ったままになってしまいます。

SSL証明書の導入や更新後は必ず脆弱性診断することをおすすめします。「SSL Server Test」などで検索していただくと脆弱性診断のサイトが上位に出てまいりますので、ご利用頂ければと思います。SSL証明書の導入や更新をご依頼いただいた際には診断結果で評価が「A」となるように調整させていただいております。もし、気になる方がおられましたらお気軽にご相談下さい。

関連記事

  1. 改正個人情報保護法

  2. DNS

  3. SSLサーバ証明書

  4. こだわり

  5. Windows10への移行

  6. 保護されていません