Mastodon

突如として流行し始めているMastodon(マストドン)をご存知でしょうか。Twitterに似たサービスですが、異なる点としてインスタンスと呼ばれるサーバーが分散していることやオープンソースのため誰でも自由に設置することが出来ることが大きな特徴です。詳しい説明は各サイトにゆずるとして私も早速主要なインスタンスに登録して使用してみました。インスタンスごとに利用者数が異なるので混んで重いところもあれば、まだ少なくて快適なところもあります。インスタンスをまたいでトゥート(Twitterのツィート)を見たり、ブースト(Twitterのリツイート)をすることも可能です。

Twitterと同じような使い方が出来るものの、インスタンスの運営者ごとに集まる利用者も異なるので投稿される内容も偏りが有ったり異なってきます。利用者もTwitterとの違いを確認中のような方が多く見られました。1社独占のTwitterとは異なり、様々な運営者によってシステムが分散しているためそれぞれのインスタンスごとに特色が出てくることが考えられます。登録時にメールアドレスが必要なため、所在不明なインスタンスは利用しないほうが良いでしょう。実際、登録してみたインスタンスがすぐになくなってしまいメールアドレスの情報を渡してしまっただけというケースも発生しているようです。

今後、いろんな会社のインスタンスが作られることも考えられます。既にイラスト投稿系SNSのpixivがインスタンスを作成し、利用者が沢山のイラストを投稿しています。まだ運営者も利用者も利用方法を模索しているような印象ですが、新たな形のSNSとして発展していくのではないでしょうか。個人的にインスタンスを構築してどのような可能性があるか検証してみたいと思います。

関連記事

  1. ECの可能性

  2. 物流

  3. 保護されていません

  4. パスワード変更

  5. セキュリティ

  6. 授業のペース配分