使える!京都市オープンデータポータルサイト

先月末に京都市が「京都市オープンポータルサイト」を公開しました。オープンデータとは、誰でも自由に利活用できる公共データのこと。このデータを活用することで、京都市に関係する新しいサービスを展開したり、京都市の寺社仏閣などの詳細データを手に入れたり、各観光スポットの位置データを取得することもできます。京都市は世界的にも有数の観光地です。このオープンデータを活用することで、何か新しいWebサービスが展開できると思いませんか?

気になるオープンデータ

京都観光お土産情報

京都市のお土産情報がCSVでダウンロードできます。お土産名と読み方、お土産の説明文がCSVにまとめられています。これだけでも「京都おみやげ情報」というコンテンツが構築できそうです。

京都観光見もの情報

京都市の主要観光地648件の位置データや名称、説明文がまとめられています。Googleマップ等に読み込めば、観光スポット情報としてコンテンツ提供できますね。

二条城全体図

二条城を俯瞰した図がPDFで取得できます。二条城をもっと詳しく知りたい方におすすめです。

その他、AED設置場所や市関係の施設一覧なども取得可能。これらのデータは二次利用が可能で商用利用もOKということですので、有効活用すれば京都情報ポータルサイトがすぐに作れますよ。

 京都市オープンポータルサイト

関連記事

  1. 【Amazon Alexa】スキル一覧(教育・レファレンス編)

  2. 東北で捕れる海産物「ホヤ」が認知症の改善に!

  3. 相手の気持ちを動かすコミュニケーション・スキル

  4. 関西にある肺がん治療の実力病院<リンク集>

  5. ウェブ制作会社でも文章チェックスキルは必須

  6. 祇園祭2016(後祭)の楽しみ方